夜勤専従看護師として働くメリット、デメリット

MENU

夜勤専従看護師として働くメリット、デメリットとは

夜勤専従看護師として働くときのメリットは、高収入と拘束時間が短いという点です。夜勤専従看護師は日勤の看護師に比べて効率よく稼ぐことができます。また、働く時間帯は安定しているため、生活のリズムが作りやすいということもいえます。託児所など福利厚生も充実していることが多いので子育て中の方も無理なく働くことができます。夜働いて日中に動くことができるので、平日に用意を済ませたり、子供との時間を持ちやすいというメリットもあります。

 

デメリットとしては、常勤ではなく、パートという求人が多いという点があげられます。また、心身共に健康であることが必要ということがあげられます。夜勤専従看護師の場合、少ない人数での勤務が基本となります。そのため、急患の対応など、判断を求められる場面が多いことが考えられます。そのため、経験の浅い方には向いていません。
夜間働くことで日中にまとまった時間がとれ、それでいてガッチリ稼ぐことができる夜勤専従看護師は、子育て中の方や、資格取得などの勉強をしたい方に向いている働き方です。

 

夜勤専従看護師として働くなら、メリットやデメリットは選ぶ職場によっても変わってきます。興味のある方は、職場の環境などを事前に教えて貰える看護師向けの求人サイトなどで仕事探しをすると良いです。人数が少ないですから、人間関係が悪かったり、ハードすぎる職場を選んでしまうと大変です。事前に情報を貰って職場選びの失敗を避けるのがおすすめです。

 

夜勤専従看護師の詳細・求人情報


関連ページ

夜勤専従看護師の仕事内容
夜勤専従看護師として働く際に気になる仕事内容や交代制の働き方などを紹介!夜勤専従看護師で働く事をお考えなら参考にしてください。
夜勤専従看護師が辛く思うとき
夜勤専従の看護師の仕事が辛いと思う事、夜勤専従は大変な仕事だと思う事などをまとめてみました。
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師とは?結婚後の看護師の働き方としての夜勤専従看護師
夜勤専従看護師に求められるスキル
夜勤専従の看護師で働く為に必要なスキル、求められるスキルや経験を紹介、スタッフが少ない夜勤の仕事内容
夜勤専従看護師の給料、報酬
夜勤専従看護師だけで働きた場合の給料、報酬は幾らくらいなのでしょうか?勤務日数が少ない夜勤の看護師の平均報酬は
夜勤専従看護師の就業規則、労働基準
夜勤専従者の労働基準、働く上での規則、基準法などを考慮した働き方、働ける時間や日数を紹介しています。
夜勤専従看護師の労働時間
夜勤専従の看護師として働く際の労働時間、シフトや交代制を紹介しています。一般的な夜勤看護師の労働時間、シフト