夜勤専従看護師の給料、報酬

MENU

夜勤専従看護師の給料、報酬

夜勤専従看護師の給料は日勤をこなす看護師と比べてどうなのでしょうか?それは月にこなす夜勤の回数にもよりますが、実は日勤をこなす看護師と同等、もしくは夜勤回数が多ければそれ以上に給料を得ることも可能です。

 

日勤業務をしていると、特別な手当はつかず、あっても残業手当くらいです。しかし、夜勤専従看護師になると手当の面で優遇されてきます。
それは夜勤手当があるからです。2交替制の場合は、一つの夜勤手当になりますよね。3交替制の場合は、準夜勤務を行うと一回いくら、深夜勤務を行うといくらと夜勤手当が異なります。
そのため夜勤をこなすほど、手当もついてくるので、給料は上がっていくのです。また正職員として夜勤専従看護師で働いていれば、看護師という資格手当や残業があった場合の残業手当などもきちんと支給をされるでしょう。

 

日勤をする看護師よりも夜勤を専門にすると、昼間の時間帯を有効的に使うことが出来ます。そのように昼間を有効に使いながら、給料は同じ水準を維持できるというメリットがあるので、子育て中の看護師や、また昼間に学校に行ったり、別の趣味のことをしたり、自分の時間を有効的に使いながら夜勤で働いて収入を得ることが出来るので、ある意味理想的な働き方だと言えるでしょう。
しかし、夜勤専従看護師の仕事は決して楽ではありません。
夜勤帯というスタッフが少ない時間帯に働く精神的な緊張感もありますし、急変などにも対応していかなくてはいけないために、責任の重いポジションになります。

 

夜勤専従看護師としてアルバイトで働いた場合の時給も多ければ25000円〜30000円前後での募集もあります。
正社員で夜勤専従看護師として働いた場合、日勤看護師の給料と同等の給料は稼げると思います。

 

夜勤専従看護師の詳細・求人情報


関連ページ

夜勤専従看護師の仕事内容
夜勤専従看護師として働く際に気になる仕事内容や交代制の働き方などを紹介!夜勤専従看護師で働く事をお考えなら参考にしてください。
夜勤専従看護師が辛く思うとき
夜勤専従の看護師の仕事が辛いと思う事、夜勤専従は大変な仕事だと思う事などをまとめてみました。
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師とは?結婚後の看護師の働き方としての夜勤専従看護師
夜勤専従看護師に求められるスキル
夜勤専従の看護師で働く為に必要なスキル、求められるスキルや経験を紹介、スタッフが少ない夜勤の仕事内容
夜勤専従看護師の就業規則、労働基準
夜勤専従者の労働基準、働く上での規則、基準法などを考慮した働き方、働ける時間や日数を紹介しています。
夜勤専従看護師の労働時間
夜勤専従の看護師として働く際の労働時間、シフトや交代制を紹介しています。一般的な夜勤看護師の労働時間、シフト
夜勤専従看護師として働くメリット、デメリット
夜勤専従で働く看護師としてのメリット、デメリットを紹介しています。給料面での魅力がありますが、夜間働くデメリットもあります。