夜勤専従看護師が辛く思うとき

MENU

夜勤専従看護師の仕事で大変な事、辛い事とは

病棟の夜勤看護師の場合は、日勤で働く看護師と違って、人数が少ないことなどから、多くの大変なことがあります。
その内容について、まとめてみました。

 

・救急患者さんの搬送があると困る

夜間で救急患者さんの搬送があると、その患者さんのことをしている間に、ほかのことをすることができなくなり、看護師一人がその患者さんに対応してつきっきりになることがあります。

 

そんな時、ほかの看護師は、その他の患者さんへの対応に追われることになり、忙しい場合は、本当に困ってしまいます。

 

 

・急変をする患者さんがいる場合

夜間で急変をする患者さんがいる場合、救急患者さんの搬送がある時と同じように、業務が多くなり、困ることがあります。

 

夜勤帯でルチーンで行っている業務を、行うことができない場合もあるので、そんな時には特に困ります。

 

特に困る時間帯としては、朝の6時から8時ぐらいに搬送となる患者さんがいたり、急変する患者さんの場合です。

 

その時間帯は、患者さんの採血や採尿をする時間となったり、食事の介助をする時間帯なので、特に困ってしまいます。

 

 

・看護師本人のバイオリズムがおかしくなる

夜勤をしていると、日勤ばかりをしている看護師と違って、体の体調がおかしくなることがあります。

 

それは、いつものバイオリズムと違っているからです。

 

そのことから、体調が変化をすることもあります。

 

時には、全く眠れずに夜勤を行うこともあるのです。

 

そんな時には、フラフラになってしまいます。

 

また思考力が低下をしているので、その点でもとても危険な状態となります。

 

そのため、何としてでも体を休めることが必要となります。

 

 

・夜勤帯の看護師同士の人間関係

夜勤帯は、看護師の数が少ないことから、助け合って仕事をすることが重要となってきます。

 

そんな時、この看護師とは合わないと思っている人とも、一緒に夜勤をすることもあるのです。

 

そのときは、自分が嫌と思っていても仕事と割きり、仕事を行うことが大切です。

 

夜勤専従看護師の詳細・求人情報

関連ページ

夜勤専従看護師の仕事内容
夜勤専従看護師として働く際に気になる仕事内容や交代制の働き方などを紹介!夜勤専従看護師で働く事をお考えなら参考にしてください。
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師とは?結婚後の看護師の働き方としての夜勤専従看護師
夜勤専従看護師に求められるスキル
夜勤専従の看護師で働く為に必要なスキル、求められるスキルや経験を紹介、スタッフが少ない夜勤の仕事内容
夜勤専従看護師の給料、報酬
夜勤専従看護師だけで働きた場合の給料、報酬は幾らくらいなのでしょうか?勤務日数が少ない夜勤の看護師の平均報酬は
夜勤専従看護師の就業規則、労働基準
夜勤専従者の労働基準、働く上での規則、基準法などを考慮した働き方、働ける時間や日数を紹介しています。
夜勤専従看護師の労働時間
夜勤専従の看護師として働く際の労働時間、シフトや交代制を紹介しています。一般的な夜勤看護師の労働時間、シフト
夜勤専従看護師として働くメリット、デメリット
夜勤専従で働く看護師としてのメリット、デメリットを紹介しています。給料面での魅力がありますが、夜間働くデメリットもあります。