新人看護師から2,3年目は楽しく働けた

MENU

新人看護師は2、3年は我慢する

辛かった新人看護師時代が終わると、次からの2.3年目はとても楽しかった思い出ばかりです。自分のペースもつかめるし、息抜きの仕方などもわかってきます。やりたい仕事も出てきたり、興味のある分野もわかってきました。
効率よく仕事をこなす方法もすこしわかってくるので、一年の時ほどがむしゃらに働かなくても仕事が出来るようになりました。そのため、いくらか余裕が出てきたように思います。まだ病棟内では下なので、責任のある仕事はありませんが、自分1人で行える仕事が増えるので楽しかったです。自分の受け持ちの患者さんの看護計画をその人にあったように立てて、実行したり修正したりすることも、新人時代よりその人にあったもので考えられるようになりました。

 

3年目くらいになると、始め配属になった病棟から異動になる人がチラホラ出てきます。その時期くらいから一度立ち止まって自分の方向性を考える人が多いですね。新人時代4人一緒だった同期も、現在では1人は他病院へ移り、2人は違う病棟へ異動になりました。私は結婚し、夫の転勤について地方の病院へうつりました。他にも大学時代の友人は、助産の道へ進学したり、海外へ留学にいった人もいます。大学院へ行く人、外来に移る人、訪問看護の道へいった人、専業主婦として子育てを行っている人、、、など道は本当に様々です。

 

大学を卒業し、新人看護師となってから早10年弱経ちますが、みんな色々な道を歩んでいます。最初新人看護師として歩みだした時は同じような道を歩いていたのに、今ではみんなそれぞれ違うので面白いです。
たまに同期で集まっても、みんな今は違ったところにいるので刺激を受けて面白いです。私は妊娠出産し、今は働いていないのでなんだかみんなかっこいいな?と思います!!
新人の教育をしたり、管理職の役割をすることもあったりと、もうベテランなんだな、と尊敬できます。昔一緒に働いていたなんて嘘のようです!

 

でも未だに当時の思い出話で盛り上がれるので、よほど新人看護師時代の出来事はインパクトに残っているんだと思います。それだけ新人看護師時代は大変だけど、思い出深いものです。2.3年目は楽しかったけれど、日々淡々と過ごしていたせいかそこまで記憶に残っていません。新人看護師時代は鮮明に思い出せるのに!不思議なものです。
これからまたいつか看護師として復帰した時も、いつも新人看護師時代を思い出すと思います。頑張った分だけ技術も身についているといいな?と思いつつ、またいつか復帰できることを祈っています!!

関連ページ

看護学校の思い出
看護学校の思い出、看護資格を取るためのぽ看護学校は、予想以上に忙しく、大学生活様なエンジョイ出来なかったです!
看護学生の看護実習
看護学生にとっての山場、看護実習の思い出、体力的にもきつかった思い出ばかりです。
看護実習後の看護師国家試験
いよいよ看護実習も終え、国家試験に合格して看護師として働く事になります。看護師の場合、試験前に内定をいただいている事が多く、落ちられない試験になります。
看護師を目指したきっかけは?
看護師なら1度は、「看護師を目指したきっいかけは?」はと聞かれますよね!看護師になろうと思った事、看護師に興味を持ったきっかけとは?
看護学校時代に楽しかったこと
看護師を目指す方なら看護学校に通いますよね!看護学校は辛いと聞きますが、楽しい事もたくさん有ります。
新人看護師のミス
看護師初めて1年目前後の新人看護師は、ミスを起こしやすくなると言われています。少し仕事にもなれ、1人で患者担当する事も増えてくるこの時期にミスを起こし自信を失い事も有ります。
新人看護師が辞めたいと思うとき
新人看護師の時は何度も辞めたいと思う事が有ると思います。新人看護師や辞めたいの思う事は誰にでもある事です。
新人看護師時代の楽しみ
新人看護師は辛い事もたくさん有りますが、楽しい事や楽しみもたくさん有ります。楽しみを見つけて辛さを乗り切りましょう!
看護師が若いうちにやっておくべきこと
若い看護師さんに、新人、若いうちに経験、やっておきたい事などを書いてみました。覚えの早いうちに知識が蓄える職場を選ぶことも看護師として重要かもしれません。