看護師を目指したきっかけは?

MENU

看護師を目指したきっかけは?

看護師の方は一度は「看護師を目指したきっかけは?」と聞かれたことがあるのではないでしょうか。大概は母が看護師だったから、とか自分自身や家族の病気の際に素敵な看護師に出会って、などの理由が多いと思います。

 

私もその質問をされた時は、父が小学生の時に胃がんになり、その時に看護師に憧れた、と答えています。でも実際は、小学生の時は看護師なんて興味はなく、、、(苦笑)むしろ病院も怖いし、病気の人や死に関わる仕事をするなんて想像もできませんでした。
その後中学生の時に、色々と将来なりたい職業を考える授業などがあり、なんとなく看護師に興味を持っただけでした。なんとなく頭に浮かんだのが看護師という職業で、それ以降は他になりたい職業もなく、看護師になる道だけを考えてきました。

 

もちろんそんな不純とも言える確固たる理由もない動機だったので、看護大学に入ってから周りのモチベーションの高さについていけずとても困りました、、、。周りが皆看護大好き!看護師に絶対なりたい!!というような人たちに見えて、怖気づいてしまったのです。

 

そのため大学一年生の時は、本当に学校に行くのがいやでいやでたまりませんでした。こんなモチベーションの低い私が看護大学なんて行ってはいけなかったんじゃないか?とさえ思えてきて、、、毎日辛かったです。看護系の授業も、全然興味を持てず、本当に向いていないなと感じていました。

 

でも!!慣れとは怖いもので、、、そんな私も徐々に大学にも慣れ、そこまで突き詰めて考えなくなりました。周りの友人もモチベーションがそこまで高くない子たちもいることがわかり、ホッとしたのも理由の1つです。

 

また、病院で看護師になるだけが道ではなく、保健師になったり、養護教諭にもなれるし、企業で働くこともできると知り選択肢も広がりました。
看護系の授業は好きではなかったけれど、医学の授業はそこまで嫌いではなかったし、なんとかなるかな?と思えました。どんなに出席日数がギリギリだろうと、赤点だろうと、最後の国試さえ通ればいいんだ!と自分に言い聞かせ、、、(笑)頑張りました。

 

その後紆余曲折で病院で働く看護師になりましたが、色々な経験ができ人間的にも成長できたので、今では看護師になれて本当によかったと思っています。人生わからないものなので、一時迷っても突き進むのもありなんだな?と思いました!!なので迷える看護学校一年生のみなさん、まずは卒業目指して頑張りましょう!!そうすれば何かしら得るものはありますよ★

 

新人看護師転職をお考えなら

関連ページ

看護学校の思い出
看護学校の思い出、看護資格を取るためのぽ看護学校は、予想以上に忙しく、大学生活様なエンジョイ出来なかったです!
看護学生の看護実習
看護学生にとっての山場、看護実習の思い出、体力的にもきつかった思い出ばかりです。
看護実習後の看護師国家試験
いよいよ看護実習も終え、国家試験に合格して看護師として働く事になります。看護師の場合、試験前に内定をいただいている事が多く、落ちられない試験になります。
看護学校時代に楽しかったこと
看護師を目指す方なら看護学校に通いますよね!看護学校は辛いと聞きますが、楽しい事もたくさん有ります。
新人看護師のミス
看護師初めて1年目前後の新人看護師は、ミスを起こしやすくなると言われています。少し仕事にもなれ、1人で患者担当する事も増えてくるこの時期にミスを起こし自信を失い事も有ります。
新人看護師が辞めたいと思うとき
新人看護師の時は何度も辞めたいと思う事が有ると思います。新人看護師や辞めたいの思う事は誰にでもある事です。
新人看護師時代の楽しみ
新人看護師は辛い事もたくさん有りますが、楽しい事や楽しみもたくさん有ります。楽しみを見つけて辛さを乗り切りましょう!
新人看護師から2,3年目は楽しく働けた
辛かった新人看護師時代から2年、3年経つと仕事にも慣れ楽しく働けるようになりました。
看護師が若いうちにやっておくべきこと
若い看護師さんに、新人、若いうちに経験、やっておきたい事などを書いてみました。覚えの早いうちに知識が蓄える職場を選ぶことも看護師として重要かもしれません。