整形外科病棟の体験談

MENU

生計が毛病棟勤務時代の忘れられない体験

整形外科病棟に勤務時代の忘れられない患者さんがいます。リンパ腫の転移で大腿骨頚部骨折をしてしまい、私の病棟にご入院された70代の女性の方。骨折の治療のため、手術を受けその後リハビリを頑張っていらっしゃしました。とても頑張り屋さんな方で、病棟の中を杖で一生懸命歩く練習をする姿をよく見かけました。気さくな方でニコニコお話してくださったことも印象的です。

 

その方は夜勤の際、夜中の12時少し前にナースコールをしてくださいます。・・・それはなぜか?トイレ介助のためのコール?なにかとって欲しいものがあるから?薬の時間だから??・・・全部違います。正解は、なんと東京タワーの消灯する瞬間を見せてくださるためだったのです!!

 

当時勤務していた大学病院から東京タワーがよく見えたのですが、私の病棟からは限られた数部屋の個室からしか東京タワーが見えませんでした。そのため、東京タワーの消灯する瞬間があることなんてまったく知らなかった私。むしろ東京タワーが消灯する時間があるかどうかなんて考えたこともありませんでした。すると、その患者さんが「毎日東京タワーが消灯する瞬間があるのよ」と教えてくださったのです。驚いていると、茶目っ気たっぷりに「じゃあ今度、夜勤の時に見せてあげるわね」と言ってくださいました。そして夜勤の日、約束を覚えててくださった患者さんが、ナースコールで教えてくださったのです!

 

12時になると、ふっとろうそくの火を消すように東京タワーの光が消えました。なんだかとても幻想的で、素敵なものをみられたようで感動したのを覚えています。その患者さんと喜びを共有できて嬉しかったです。そして、約束を覚えててくださり、東京タワーの消灯の瞬間を見せてくださった患者さんにとても感謝の気持ちでいっぱいでした。疲れもふっとび、その日の夜勤を頑張ることができました!!その方に東京タワーの消灯の瞬間を見せてもらった病棟ナース仲間は数多くいます♪いつしかみんな12時前の素敵なナースコールを楽しみにするようになりました。

 

その方はその後内科に移られ、現疾患の悪化のため亡くなられました。いつもニコニコ笑顔で、私たちにまで素敵なものを見せて、癒してくださった素敵な方でした。今でも東京タワーを見るとあの方の笑顔を思い出します。貴重なものを見せてくださった素敵な思い出になりました!!患者さんとの素敵な出会いも多くあり、忘れられない病棟勤務になりました。

関連ページ

大学病院から市民病院への転職
病院勤務で最初に就職する事が多い看護学校付属の大学病院ですね!大学病院から市民病院への転職で思った事
病院看護師の夜勤|整形外科病棟
病院看護師の夜勤、2交代、3交代制のある病院看護師は、夜勤は付き物です。今回は整形外科病棟の夜勤を紹介!
整形外科病棟の看護師
総合病院では科目ごとに仕事内容も変わりますよね!整形外科病棟で働く看護師の仕事を紹介
夜勤の誘惑|夜食がやめられない
病院勤務の看護師さんに付き物の夜勤での悩みの1つに夜食がやめられない、夜食の誘惑があります。女性ならダイエットが気になりますが、夜勤で働く看護師さんはついつい夜食で体型を崩す方も少なくないですよね!
病院看護師の寮生活
看護師寮完備の病院も多くあります。寮生活をお考えの看護師さんも多いのではないでしょうか?寮生活をする看護師の実情と魅力
看護師が入院、患者になるとき
看護師も病気になりますよね!もしあなたが入院する事になった場合、看護師と言う事を伝えますか?
病院看護師のイベント
病院看護師は、病院で働く職員や医師、薬剤師などとのイベントごとが多い職場と言えます。季節ごとにイベントが行われる病院も少なくありません。
私がなぜ大学病院で働く事になったのか?
養護教諭を目指していた私がなぜ、大学病院で働く事になったのか?実務経験をしてからと考えたのは・・・