病院看護師の夜勤|整形外科病棟

MENU

病院看護師の夜勤|整形外科病棟篇

大学病院の整形外科病棟勤務時代、一番大変だったことは、、、何と言っても夜勤!それもただの夜勤なら全然大変じゃないし、むしろ日勤より楽って日もありました。大変だったのはオペ後の患者さんが何人もいる日の夜勤です、、、。テンパリストの私にはめちゃめちゃ荷が重かったです。

 

まずやることが山のようにあります。
バイタル測定、尿量チェック、点滴交換、ドレーン類の管理、身の回りの介助、体位交換、与薬、、、。
それに加えて、オペ後の患者さん以外のケアや与薬、トイレ介助、ナースコール対応などなど。次から次へとやることが出てきて、体がいくつあっても足りないくらいでした。
優先順位つけないとやっていけないけれど、何を優先していいかもわからなくなるくらいめまぐるしい、、、涙。常に移動はranでしたね、、、。汗だくで夜中の病棟を走り回っていたことを昨日のように思い出します。しまいには、見るに見かねた先輩に一人オペ患さんみようか??といわれる始末、、、。当時3年目で、もうすでに後輩ですらオペ後の患者さん何人も見ることができているのに、あぁなんて私は情けないのだろうと心底落ち込みましたね。涙。

 

当然休憩もろくに取れず。その間に記録書いたり、明日の準備をしたり。全部を完璧にこなすのは難しすぎました。とにかく安全に何もなく夜が明けることだけを祈って窓の外を眺めてました。

 

そんな時の脳内BGMはいつも嵐のlove so sweet!
♪?明けない夜はないさ?love so sweet?♪
これをモットーに、エンドレスで自分に言い聞かせてたなぁ(笑)
朝、日勤に申し送って、オペの送り出しから帰ってきてやっと一息ついた時の脱力感を今でも思い出します!もうもはや抜け殻でした(笑)そこからゆっくり記録を書いたり、後片付けをしたり。全然エンジンかからず腑抜けでしたね。でも、あとその後みんなでご飯行って昼間から飲むビールの美味しさは格別でしたが( ^ω^ )(笑)

 

 

これはあくまでキャパ狭の私の話で、逆にオペ後の患者さんがいた方が「眠くならないしやる気出る!」と言っていたかっこいい先輩もいました。
私みたいに優先順位を組み立てるのが苦手なタイプは少しきつかったのかもしれません。焦らずに系統建てて考えて、とにかく落ち着くことが必要なんですけどね、、、。私はワー!!ってなってしまうタイプなので。今でも本当に反省です。何事もなく夜が乗り切れたのは、他のスタッフの支えなしにはできなかったので感謝の気持ちでいっぱいです。涙。
でも!辛い夜でも♪?明けない夜はないさ?♪なのでみなさん頑張りましょうー!!

病院看護師の詳細・求人情報

 

関連ページ

大学病院から市民病院への転職
病院勤務で最初に就職する事が多い看護学校付属の大学病院ですね!大学病院から市民病院への転職で思った事
整形外科病棟の看護師
総合病院では科目ごとに仕事内容も変わりますよね!整形外科病棟で働く看護師の仕事を紹介
夜勤の誘惑|夜食がやめられない
病院勤務の看護師さんに付き物の夜勤での悩みの1つに夜食がやめられない、夜食の誘惑があります。女性ならダイエットが気になりますが、夜勤で働く看護師さんはついつい夜食で体型を崩す方も少なくないですよね!
病院看護師の寮生活
看護師寮完備の病院も多くあります。寮生活をお考えの看護師さんも多いのではないでしょうか?寮生活をする看護師の実情と魅力
看護師が入院、患者になるとき
看護師も病気になりますよね!もしあなたが入院する事になった場合、看護師と言う事を伝えますか?
病院看護師のイベント
病院看護師は、病院で働く職員や医師、薬剤師などとのイベントごとが多い職場と言えます。季節ごとにイベントが行われる病院も少なくありません。
整形外科病棟の体験談
整形外科病棟で働いていた時代の忘れられない患者さんの話、病院看護師はたくさんの患者さんとのかかわりがあります。
私がなぜ大学病院で働く事になったのか?
養護教諭を目指していた私がなぜ、大学病院で働く事になったのか?実務経験をしてからと考えたのは・・・