看護師を辞めた理由|数回の転職で思ったこと

MENU

看護師を辞めた理由|数回の転職で思ったこと

看護師をやっていて、今の職場を辞めたいと思った事はありませんか?
私の場合、恥ずかしながら数回、転職をしています。
辞めた理由は、育児に専念する為、体調不良、人間関係等様々でした。
最初の退職は二人目の子供が生まれ、父の体調が悪化して介護生活に入った時期の事です。
新卒から勤めていた公立病院は、定年まで勤めあげるつもりでした。それなのに辞める事になったのは自分でも意外でした。軽い喪失感はありましたが、明日からは自由に時間を使える事にワクワクが止まらなかった覚えがあります。勤務表にヤキモキしたり、「今日、もしかして准夜勤?」とドキッとする事もなく過ごす日々のなんと優雅な事。
いつでも復帰できるだろうという思いもあって何も不安は感じていませんでした。
数か月経ち、だんだんと状況が落ち着いてくると今度は得体のしれない焦燥感が襲います。
同期の仲間が経験を積んでいる中で取り残されたような気分でした。
その後、比較的近い場所にある個人病院が新しい施設を作る為にスタッフを募集しているという情報を得て申し込んでみましたが、近隣の住民を重点的に採用する方針だそうであえなく不採用となりました。
とても残念でしたが、きっと希望者が多かったのだろうと諦めるしかありませんでした。
ですから、半年も経たないうちに、その病院からのお誘いの電話があった時にはとても不思議に思いました。以前、勤めていた公立病院に比べて近くて通勤に便利だった事もあって、詳しい条件も聞かないまま就職を決めてしまったのですが、これが間違いでした。

 

当時、私は主人の扶養家族になっていたので、短時間のパート採用を希望していました。
その事は当時、面接に立ち会った事務長にもちゃんと話してあったのですが、実際に勤め始めると正職員扱いになっていたのです。普通なら文句のつけようが無い待遇なのでしょうけど、時給が低く、就業時間も短くて給料が少ないのに健康保険料や厚生年金、組合費、福利厚生費、管理費等、いっぱい引かれていて、手取りが悲しくなるほど少なくて唖然としてしまいました。
「話が違う」と思い、同時期にやはりパートで入ったスタッフと共に事務長に問いただしたところ、「この病院の方針だから仕方がない。パートというから給料は時間給という事で出してある」と訳のわからない回答されました。それでも働きやすい職場だったらそれでも我慢できたのですが、そうはいきませんでした。
そもそも、勤務先は新しい施設と聞いていたのに、実際に配属されたのは古い病院の方でした。
その後、業務の中で疑問に思う事がいろいろ出て来たので、先輩スタッフに「〜にした方が良くないですか?」と提言したところ、たちまち不機嫌になってしまい、次の日から口もきいてくれなくなりました。その先輩と仲良しのスタッフ数人からも同様の態度を取られました。その他のスタッフの態度は変わらなかったのですが、どうやら私が敵に回してしまったのは一番の古株で皆を牛耳っているような存在だったらしいです。なんとなく居づらくなって退職を考えました。
事情を知らない院長からは引きとめられ、理由を聞かれましたが、古株ナースに喧嘩を売ってまで残りたい職場でもなかったので、給料面と自己都合という事で入職から半年あまりで退職しました。


関連ページ

新人看護師の辞めたい理由
看護師の退職の大半が新人から3年以内と言われています。新人看護師の辞めたい理由とは
転職をする看護師の理由
看護師の仕事を長く続けている人のほとんどが1度の転職を経験しています。転職する看護師としての理由
中堅看護師の辞めたい理由
5年以上看護師として働いてきた人でも辞めたいと思う事はたびたびあるそうです。中堅看護師の辞めたい理由とは