転職をする看護師の理由

MENU

転職する看護師の理由とは

看護師は同じ職場で長く働き続ける人ばかりではなく、転職を繰り返す人も多くいます。
看護師の求人はとても多いですので、より条件のいいところを求めて転職をするというのは悪くない事と言えるでしょう。
看護師が転職をする理由としては、労働環境が悪いという点があげられます。
例えば勤務時間が長いというのは、労働環境がいいとはいえません。
夜勤明けでそのまま日勤として働くようであれば、体力もついていかなくなってしまう事でしょう。
若い頃には何とかそれでも働けていたとしても、年齢を重ねるごとに体力の限界は感じるようになるはずです。
体力の問題だけではなく、あまりにも睡眠不足や過労が溜まってしまう事によって、ミスも増えてくるようになります。
ミスしても問題がないような事であればいいですが、小さなミスが重大な事故につながってしまう事もあるのです。
それでは守るべき患者を傷つけてしまう事にもなりかねません。
そういった事にならないためにも、あまりにも労働環境が悪いようであれば、その職場を離れて転職を考えるようにした方がいいのです。
勤務時間が長いことによって、家族や友人たちとの時間を持つことも難しくなってしまいます。
疲れて家に帰った時には、何もする気力が起きないものです。
それでは家族とゆっくりと会話を楽しむことも出来なくなってしまいますので、家族の輪も乱れてしまうことになります。
自分や家族のためにも、より良い職場を求めるべきなのです。

 

看護師の転職理由の一つに体力の限界があります。その理由は、看護師の仕事内容と勤務形態にあります。勤務内容については、ほぼ一日休む間もなく立ったままで働き続ける場所が多いことと、勤務形態は不規則で3交代や2交代、そのほかに早番遅番など様々です。若いうちは、こういった条件でもなんとか働くことができるのですが年齢を重ねることや持病があると続けていくのが難しい状態になります。そのまま働き続けるのもひとつの選択肢ではあるのですが、無理をし続けることは健康にとって決してよいこととは言えません。しかも、看護師の求人に目を向けると給料面では、それはどのマイナスなく仕事内容や勤務形態がとても楽な仕事もたくさんあることに気付くと思います。もし、自分に合った仕事があるならば、転職をして体をいたわりつつ自分の時間を持つことも可能になります。けれど、自分の条件に合っていて、しかもある程度の給料や待遇が保証される仕事を見つけることは簡単なことではありません。こういったときには、転職の専門家に相談するのが近道です。専門家として一般的なのは、派遣会社や求人サイトのコンサルタントです。コンサルタントは、会社が持つ豊富な求人情報をもとにその人にピッタリな仕事を探してくれます。自分の健康状態や、今の仕事内容を正直に伝えることで相談に乗ってくれますし、それらの条件に合った仕事先を探してくれます。誰でも、体力の限界を感じるときはあるものです。自分の体を大切に、しっかり仕事についても選択していくことが大切です。

 

看護師の悩み相談が出来る専任コンサルト在籍のサービス

関連ページ

新人看護師の辞めたい理由
看護師の退職の大半が新人から3年以内と言われています。新人看護師の辞めたい理由とは
中堅看護師の辞めたい理由
5年以上看護師として働いてきた人でも辞めたいと思う事はたびたびあるそうです。中堅看護師の辞めたい理由とは