夜勤専従看護師の労働時間

MENU

夜勤専従看護師の労働時間、シフト

夜勤専従看護師の勤務時間はその雇われ方によって異なります。
夜勤専従看護師として病院に雇われることもあります。その場合は、その病院の勤務時間に合わせて勤務時間が決まるでしょう。

 

病院によって、そのシフトが2交替制のところと3交替制のところがあります。そしてその夜勤に入る場合、3交替制ではどちらかを選択して行う。2交替の場合は、一つのシフトに限られます。3交替制の場合の勤務は、準夜勤務が16時ごろから1時ごろまで、そして深夜勤務になると0時ごろから9時ごろまでの勤務になるでしょう。
休憩はその間に1時間程度とることが出来ます。またこの準夜勤務と深夜勤務は一回行うごとの夜勤手当が異なります。もしも回数をこなして高収入を得たいという場合には、深夜勤務を好んで行う人が多いかもしれません。

 

一方夜勤専従看護師でも2交替制のところで働く場合には、夕方16時ごろから翌朝9時ごろまで連続して働くことになります。この間、約2時間程度の仮眠をとることが出来ます。
夜勤手当は一回行うごとにいくらと設定をされていて、シフトによる金額の差はありません。いずれにしても夜勤専従看護師として働くことは、楽ではありません。夜間少ないスタッフの中で勤務をするので、急変などがあると忙しいです。またそれをこなしていくためには、看護師の知識や判断力が求められることが多いのです。しかし、看護師の働き方としては人気が高まってきているシフトだと言えるでしょう。

 

夜勤専従看護師の詳細・求人情報

関連ページ

夜勤専従看護師の仕事内容
夜勤専従看護師として働く際に気になる仕事内容や交代制の働き方などを紹介!夜勤専従看護師で働く事をお考えなら参考にしてください。
夜勤専従看護師が辛く思うとき
夜勤専従の看護師の仕事が辛いと思う事、夜勤専従は大変な仕事だと思う事などをまとめてみました。
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師とは?結婚後の看護師の働き方としての夜勤専従看護師
夜勤専従看護師に求められるスキル
夜勤専従の看護師で働く為に必要なスキル、求められるスキルや経験を紹介、スタッフが少ない夜勤の仕事内容
夜勤専従看護師の給料、報酬
夜勤専従看護師だけで働きた場合の給料、報酬は幾らくらいなのでしょうか?勤務日数が少ない夜勤の看護師の平均報酬は
夜勤専従看護師の就業規則、労働基準
夜勤専従者の労働基準、働く上での規則、基準法などを考慮した働き方、働ける時間や日数を紹介しています。