家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師

MENU

家事や育児と両立出来る夜勤専従看護師

夜勤専従看護師の中には、家事や育児と仕事を両立させながら働いている看護師もいます。夜勤専従看護師というと、夜間に働くことが基本ですよね。
そして、その勤務時間も2交替制の場合は夕方から勤務に入り、朝終了するということがほとんどです。そのために家族の協力体制を整えておくと、働くことは十分に可能なのです。

 

看護師である自分は夕方から働きに行くけれど、その子供の保育所のお迎えは夫にお願いする。そして夜間の世話も夫。そして朝起きて夫が保育園に送り出すという形になることが多いでしょう。

 

祖父母がまた近隣に住んでいるとサポート体制は強くなり、より夜勤専従看護師として働きやすくなることが想像できます。そして夜勤が終わると、今度は自宅での家事や育児に専念が出来るということになるのですね。

 

夜勤専従看護師というのは、一回すると夜勤手当がつくために、日勤を連続で行うよりも収入が増えます。そして夜勤を連続で何回もこなすことはできませんよね?そのために夜勤を行う回数、つまり勤務日数は日勤を行う時よりも減るにも関わらず、夜勤手当で収入はほとんど同じということがいえるのです。
勤務日数が少ないと主婦としては家事と育児の両立がよりしやすくなりますし、体への負担も軽くなります。夜勤専従看護師というのは、夜勤帯の緊張を強いられる厳しい時間帯で働かなくてはいけませんが、子育て中のママさん看護師にとっても、大きなメリットがあると言えるのです。

 

夜勤専従看護師の詳細・求人情報

 

関連ページ

夜勤専従看護師の仕事内容
夜勤専従看護師として働く際に気になる仕事内容や交代制の働き方などを紹介!夜勤専従看護師で働く事をお考えなら参考にしてください。
夜勤専従看護師が辛く思うとき
夜勤専従の看護師の仕事が辛いと思う事、夜勤専従は大変な仕事だと思う事などをまとめてみました。