夜勤専従看護師の仕事内容

MENU

夜勤専従看護師の仕事内容

夜勤専従看護師の仕事はどのようなものがあるのでしょうか。
時間の経過とともにその仕事内容を見てみましょう。2交替と3交替では少し夜勤業務は異なります。

 

しかし、どちらも申し送りから始まることは共通しています。夜勤専従看護師は夜勤しか行わず、昼間の患者の状態を普段から目にすることがないので、昼間の情報を申し送りで得ることはとても重要なことです。
そして申し送り、カルテのチェックが終了すると、今度は夕食の食事介助や内服の準備を行います。夕食が終了すると、バイタルサインのチェックをして回ると同時に内服の確認やイブニングケアなどを行います。

 

そして消灯をする前に、トイレ誘導やおむつ交換などあわただしい時間帯になります。消灯を過ぎると看護記録を行い、カルテ整理などをします。
また消灯後は2時間ごとに患者の各部屋を見て回ることが一般的です。この時に有熱者は熱を測ったり、おむつ交換や体位交換が必要であれば行わなくてはいけないために、少ない人数で夜勤をこなしているので、1回のラウンドにも時間がかかります。
そしてそれをこなしながら、翌日の内服の準備や検査の準備を行っていきます。また手術がある場合は翌朝から処置が行われることも多いので、何をしなくてはいけないのか常に確認が必要です。夜勤専従看護師は患者さんが寝ている間でもやるべき仕事はたくさんあり、ゆっくり座っていられないこともあるのです。
また医師のいない時間帯なので看護師の判断力を求められる仕事もたくさんあります。

 

夜勤専従看護師の詳細・求人情報


夜勤専従看護師の仕事まとめ

夜勤看護師は、その病院によって、仕事内容が若干違ってきます。
それは、その病院の職員の数や体制によって違ってくるからです。
一般的な内容について、まとめてみました。

 

 

・患者さんの観察

日勤看護師が行っている患者さんの観察と、同じことを夜勤看護師も行います。

 

日勤と違うところは、日勤の場合は、手術が検査終了食後の患者さんの観察となるので、少し観察の濃度が濃くなります。

 

手術直後の場合などは、頻回にバイタル測定などを行う必要があるからです。

 

その点、夜勤帯となると、少し時間をあけてバイタル測定を行うことが出来るので、その点では楽です。

 

 

・患者さんのケア

患者さんの身の回りのことを介助します。

 

一番多いのは、排泄の介助です。

 

ベッド上安静のために、動くことができない患者さんに対して、介助を行います。

 

動ける患者さんの場合は、車椅子でトイレまで行く介助を行ったり、一緒に付き添って、患者さんが転倒などをしないように、介助を行います。

 

 

・救急患者さんの受け入れ

夜間に患者さんが搬送をされてくることがあります。

 

その時、処置の介助を行ったり、入院をする場合は、その手続きやその後のケアを行ったりします。

 

救急患者さんが入院をする場合は、急に忙しくなるので、その場合は特に看護師同士が協力し合って、対処をすることが大切となってきます。

 

 

・記録

夜間の患者さんの状態について、カルテに記録を行います。

 

また、病棟に異常がないかなど、点検をした内容について、管理日誌などに記録をします。

 

病棟の安全点検も看護師が行う仕事の一つです。

 

 

・急変する患者さんに対処する

夜間に急変をする患者さんがいます。

 

その場合、医師に報告をして、その後の処置の介助を行います。

 

また必要時は、患者さんの家族に連絡をすることもあります。

 

 

・食事の介助、片付け

夕食や朝食の食事の介助を行います。

 

一人で食事をすることができない患者さんに対して、実施をします。

 

夜勤看護師は、いつ何があるのかわからないので、その気持ちをもって、仕事に臨むことが大切です。

関連ページ

夜勤専従看護師が辛く思うとき
夜勤専従の看護師の仕事が辛いと思う事、夜勤専従は大変な仕事だと思う事などをまとめてみました。
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師
家事や育児との両立を考えた夜勤専従看護師とは?結婚後の看護師の働き方としての夜勤専従看護師