夜勤専従看護師求人|高給、高収入なら夜勤看護師

MENU

夜勤だけで働く看護師の給料

看護師の仕事は、日勤、夜勤勤務がローテーションになっている事がほとんどですね!

 

看護師の中には日勤のみの勤務や夜勤だけの働く看護師さんも多くいますが、日勤のみの勤務を希望される看護師さんの増加で夜勤専従看護師を募集している病院も最近増加しています。

 

看護師は、給料が高いと言われていますが、これは夜勤の給料が高い為です。日勤のみの看護師の場合普通のOLさんと変わらない給料になる事も少なくありません。逆に夜勤の給料は、日給が30000円〜40000円ほどあり夜勤だけでも給料面の不満はないのではないでしょうか?
しかも夜勤専従看護師は少ない勤務時間、勤務日数で稼げる事からシングルマザーの看護師さんの働き方として人気が有ります。
夜勤専従看護師の就業は非常勤になる事が多い様ですが、福利厚生などもしっかり受ける事が出来る病院や医療機関も多くなっています。

 

当サイトでは、高給料で働く事が出来る夜勤専従看護師求人の紹介に実績がある看護師求人サービスを紹介しています。
あなたの希望する夜勤専従看護師求人を探す事が出来ると思います。

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サービス

ナース人材バンク

 


夜勤専従看護師求人紹介では実績が豊富で安心してご利用頂ける看護師求人サービスがナース人材バンク
全国ほとんどの地域をサーポートできる業界トップクラスの看護師求人サービスの1つです。

 

夜勤専従看護師求人数はそれ程多くなく、求人探しに苦労されている方も多いのではないでしょうか?
ナース人材バンクなら非公開求人やコンサルトさんのサポートなど充実しているのであなたの希望する病院の夜勤専従看護師や条件に合う求人紹介も可能になると思いますよ!
  

 


 

ナースフル

 


看護師求人紹介サービスの中でも利用者数、紹介求人数も多く登録後の紹介求人数が多い国内最大級の看護師求人サイトのナースフル
リクルートグループが運営している為、情報量も多く、求人情報以外の情報収集にも役立ちます。
夜勤専従看護師求人の取り扱いも多くあなたの希望する地域、条件の求人を探す事が出来ると思います。
コンサルトさんのサポート力も高く、細かな交渉なども行ってくれるので、希望に近い条件の求人を探す事が出来ると思います。
  

夜勤だけの仕事で効率よく稼ぐ看護師

看護師の夜勤の仕事の給料は高く夜勤だけで働く看護師さんも最近では増えています。夜勤専従看護師としての看護師募集も最近増えています。
日勤のみ、夜勤なしで働きたい看護師さんも増加している事から総合病院や救急病院、大病院などではシフトで夜勤で働かなければいけない職場でも日勤だけで働く事を希望する看護師師さんの代わりに夜勤だけで働く夜勤専従看護師さんは不足しています。

 

夜勤専従看護師はある程度のスキルや経験が必要で、少ない看護師で夜勤の対応をしなければいけない為、看護師として経験が少ない方には負担も大きく無理な職業でも有ります。

 

夜勤専従看護師、夜勤のみで働く看護師さんは少ない勤務日数で日勤だけ働く看護師さんの同等かそれ以上の給料を稼ぐことが出来るなど、夜勤と言う事を除けば融通が利く働き方でも有ります。

 

また慣れれば、生活リズムも夜勤と日勤のシフトで働くよりも安定する事などから夜勤だけで働く看護師さんは増加しています。また求人募集も増えている為、条件的にも優遇されることが多いそうです。

 

夜勤専従看護師として働く事を希望される看護師さんは、夜勤専従看護師求人紹介に実績の豊富な看護師求人サイトで探せばあなたの希望する求人探しのお役に立つと思います。

夜勤専従看護師だけで働きて生活出来るのか?

夜勤専従者とは、原則的に日勤を行わない看護師です。通常勤務の場合、夜勤は月72時間以内との上限が付与されますが、夜勤専従者については上限が撤廃されます。

 

看護師それぞれのライフスタイルがありますが、子供がまだ小さい場合や、親の介護を担っている場合など夜勤を避けたいという看護師も多くいます。また、病院側としても日勤看護師だけで夜勤までのローテーションを組むのは時間数の上限の兼ね合いを含めて、なかなか調整が難しいのが現状です。

 

その為、夜勤専従者の需要はとても高くなっています。夜勤専従者のメリットは、やはり夜間+深夜の手当て加算という面はとても大きいです。病院にもよりますが、2交代制のシフトを採用していると拘束時間は16時間程度になります。1勤務あたり3万円前後という金額になる病院や科もあるとのことです。その為、夜勤専従者を選択し、週2-3回の夜勤をして、それなりの収入を得るという働き方をする人もいます。

 

なかなか体調管理は難しい夜勤専従者ではありますが、自由な時間を確保できることと、給与面での反映がなされていることが人気の理由です。

 

病院側としても、夜勤を避けたい看護師の希望はなるべく尊重して勤務してもらいたいと思っているので、キャリアのある看護師の夜勤専従者希望は即戦力として優先的に受け入れをし、待遇が良い場合が多くなっています。

 

夜間帯の病状急変というのは割合多くなっているので、夜勤専従者として採用するには、キャリアのある看護師を望むという現実もあります。

夜勤専従看護師のメリット、デメリット

昨今、時代を反映した新しい勤務スタイルが話題になっています。医療業界もけしてまれではなく、中でも夜勤専従看護師という新しい勤務スタイルが、少しずつ脚光を浴びてきています。この夜勤専従看護師について、それぞれメリットとデメリットについて、私の経験談からお話をしていきたいと思います。

 

 

 

夜勤専従看護師についてのメリットは、何といっても魅力あるお給料の高さではないでしょうか?出勤時間は夜勤専従看護師も、その病院に勤務している看護師とまったく同じく、たいていが夕方16時〜となっています。

 

出勤したら、他の夜勤者と一緒にまず申し送りを聴取し、患者様の情報を入手します。これは夜勤専従看護師にとって、何よりも大切な情報となります。患者様の情報を把握していなければ、看護の業務は成り立ちません。ましてやそこから患者様のアセスメントをしていくこともできません。夜勤専従看護師にとって、申し送りは絶対に欠かすことのできない、業務の一つとなります。

 

夜勤のスタイルは昔でいえば、準夜勤と深夜勤がセットになった朝まで勤務するスタイルで、一晩夜勤をこなして、約3万前後といったところでしょうか?これは他にない大きな魅力でしょう。

 

しかし、その反面デメリットも当然ながらあります。魅力あるお給料ということは、それだけ求められる能力も高いものとなってきます。当然ながら医療行為も行う訳ですから、つねに危険と隣合わせにもなっています。能力もさることながら、そこには体力も大きく関係してきます。そんなことから、夜勤専従看護師は、一病院になかなか定着しないともいわれています。これが現状なのです。

少ない人員で働く夜勤看護師のリスク

一般的に看護師の仕事には夜勤がつきものです。もちろん日勤だけで働く人も多いですが、毎日夜勤で働く看護師がいるからこそ入院施設のある病院は稼働することができるのです。

 

しかしながら夜勤帯に看護師として働くということは生半可な気持ちではできません。日勤と夜勤は同じ看護師として働くのにその勤務条件がまったく違うのです。

 

まず当たり前ですが、マンパワーが少ないということが挙げられます。日勤では一緒に働く看護師はもちろん、医師、看護助手、医療事務、薬剤師、栄養士などさまざまな職種の人が全員揃っています。それぞれがそれぞれの職務をこなすことができるのです。しかし夜勤ではそうはいきません。一緒に働く看護師も少人数、医師も当直医、薬剤師など各専門スタッフも1人ずつ待機しているくらいといった状態です。そんな状況でも患者さんの人数は日勤から変わることはほぼありません。むしろ緊急入院で増えることはあるでしょう。それでも、日勤より多い受け持ち患者と同時並行で少ないマンパワーの中対応していくことが夜勤では求められます。

 

次に夜勤ではなぜか患者さんの精神状態が変わりやすいことです。日中は特に何も問題なかった患者が夜間急に暴れ出すなんてこともよくあります。しかしながら病院で怪我を負わすなんてことはあってはいけません。なんとかして患者を落ち着かせゆっくり休んでもらえるように夜勤の看護師は頑張ります。

 

あとは何と言っても看護師自身の健康問題があります。普通人は日中働くのです。そして夜は休みます。これが正しいサイクル何と言ってものです。しかし夜勤で休めることはありません。むしろ日中よりも激しく頭も身体も動かしています。夜勤のある職業に就いている人は日中だけ働く人に比べて早死するという研究結果もあるようです。

 

このように夜勤で働く実態を挙げてきましたが、夜勤専従はこれが毎日続く日常になるということです。もちろん夜勤専従はお給料が良いです。しかしながら金銭では補いきれない苦労と責任が伴います。看護師という仕事が好きでないとやれないことです。夜勤専従看護師として働く看護師には本当に頭が下がります。

夜勤専従看護師の求人紹介と就業時間

夜勤専従看護師はその名の通り、夜勤を専門に働く看護師のことです。これは病院自体に夜勤専従看護師として雇われるという方法と、看護師の派遣業をしているところに登録をして、そこから派遣をされて夜勤専従看護師として働くという方法があります。
いずれにしても夜勤なので、勤務時間帯は夜です。2交替制の場合は、多くが16時前後から、翌日の9時半前後まで休憩をはさみますが、連続して働くことが多いですね。

 

また3交替勤務の場合は、準夜勤務か深夜勤務を選択して働くことになります。準夜勤務は、16時ごろから0時ごろまで、そして深夜勤務は0時ごろから、翌朝9時ごろまでの勤務になります。

 

一方、日勤看護師の働き方を見てみましょう。日勤看護師は、その病院に雇用されて働く方法と、やはり派遣会社から派遣をされて病院で働くという方法があります。つまり夜勤の時と同様に雇用主の違いがあるのですね。

 

日勤看護師は、朝8時ごろから夕方17時半ごろまでが勤務時間になります。しかし、日勤の場合は、入院があったりするので、比較的忙しく残業もないとはいえません。一方夜勤の場合は、入院は少ないかもしれませんが、急変などがある場合は十分可能性があるので、忙しい勤務時間になることもあります。
夜勤と日勤ではその業務の違いもあるのですね。また日勤では患者さんからのナースコールも少なくありません。業務とケアに追われる勤務になることが多いです。一方夜勤では、翌日の検査や内服を準備したり、カルテの整理をしたり、事務的な作業も多くなります。

夜勤専従看護師求人|高給、高収入なら夜勤看護師記事一覧

夜勤専従看護師の仕事はどのようなものがあるのでしょうか。時間の経過とともにその仕事内容を見てみましょう。2交替と3交替では少し夜勤業務は異なります。しかし、どちらも申し送りから始まることは共通しています。夜勤専従看護師は夜勤しか行わず、昼間の患者の状態を普段から目にすることがないので、昼間の情報を申し送りで得ることはとても重要なことです。そして申し送り、カルテのチェックが終了すると、今度は夕食の食...

病棟の夜勤看護師の場合は、日勤で働く看護師と違って、人数が少ないことなどから、多くの大変なことがあります。その内容について、まとめてみました。・救急患者さんの搬送があると困る夜間で救急患者さんの搬送があると、その患者さんのことをしている間に、ほかのことをすることができなくなり、看護師一人がその患者さんに対応してつきっきりになることがあります。そんな時、ほかの看護師は、その他の患者さんへの対応に追わ...

夜勤専従看護師の中には、家事や育児と仕事を両立させながら働いている看護師もいます。夜勤専従看護師というと、夜間に働くことが基本ですよね。そして、その勤務時間も2交替制の場合は夕方から勤務に入り、朝終了するということがほとんどです。そのために家族の協力体制を整えておくと、働くことは十分に可能なのです。看護師である自分は夕方から働きに行くけれど、その子供の保育所のお迎えは夫にお願いする。そして夜間の世...

夜勤専従看護師とは、その名の通り夜勤を専門にして働くという働き方ですね。看護師は、看護の勉強をして国家資格を得ると看護師として働くことが可能です。特に国家資格を得ることで、科を特定されたり、勤務のシフトを制限されることもありません。そのために希望すれば夜勤専従看護師として働くことが可能なのですね。でも夜勤専従看護師として働く場合、必要なスキルはあるのでしょうか?それは看護師として幅広い知識が必要で...

夜勤専従看護師の給料は日勤をこなす看護師と比べてどうなのでしょうか?それは月にこなす夜勤の回数にもよりますが、実は日勤をこなす看護師と同等、もしくは夜勤回数が多ければそれ以上に給料を得ることも可能です。日勤業務をしていると、特別な手当はつかず、あっても残業手当くらいです。しかし、夜勤専従看護師になると手当の面で優遇されてきます。それは夜勤手当があるからです。2交替制の場合は、一つの夜勤手当になりま...

夜勤専従者に対しての労働基準は非常に難しいものです。なぜなら、労働基準法は1日時間以内、週48時間以内という労働時間の規定を設けてはいますが、日付を跨いで働く夜勤に関しての規定は特に明確には定めていないからです。それでも通常の夜勤であれば、例えば前の日に6時間働き、続けて次の日に4時間の形10時間働いたとすれば、その日は残り4時間の勤務で計8時間以内という計算をすることで労働基準法に抵触しない運用...

夜勤専従看護師の勤務時間はその雇われ方によって異なります。夜勤専従看護師として病院に雇われることもあります。その場合は、その病院の勤務時間に合わせて勤務時間が決まるでしょう。病院によって、そのシフトが2交替制のところと3交替制のところがあります。そしてその夜勤に入る場合、3交替制ではどちらかを選択して行う。2交替の場合は、一つのシフトに限られます。3交替制の場合の勤務は、準夜勤務が16時ごろから1...

夜勤専従看護師として働くときのメリットは、高収入と拘束時間が短いという点です。夜勤専従看護師は日勤の看護師に比べて効率よく稼ぐことができます。また、働く時間帯は安定しているため、生活のリズムが作りやすいということもいえます。託児所など福利厚生も充実していることが多いので子育て中の方も無理なく働くことができます。夜働いて日中に動くことができるので、平日に用意を済ませたり、子供との時間を持ちやすいとい...