看護実習後の看護師国家試験

MENU

最後の難関、看護師試験のプレッシャー

看護学生の最大の山場、看護実習を終えると次に待っているのが国家試験です。これに合格すれば晴れて看護師になれるわけです!もちろん出題範囲は看護系授業の全科目から。保健師や助産師も受ける学校なら、看護師の国試の勉強に加えて、それぞれの専門分野の勉強も加わります。
範囲も広いし、暗記がたくさん。今もあるかわかりませんが、私の時はそこの部分を合格点までとらないと他の部分がどんなに良くても不合格になってしまうという必修問題というのもありました。そこを落としてはならないというプレッシャーがすごかったです。
さらに問題なのは、就職試験は国試の前に受けているので、もし国試に落ちれば就職も内定取消しになることです。中には看護補助として雇ってくれるところもあるようですが、当初の予定の正看護師としての仕事とは異なってきます。なので、落ちられない試験なのです。

 

国試に向けて、早い人だと一年以上前から勉強して準備していました。看護実習と並行して勉強している子達を見ると脱帽でした。専用の問題集とその参考書のセットをやる人が多かったですね。参考書にどんどん知識を書き込み、自分だけのオリジナル参考書を作っている人が多かったです。ちなみに不真面目な私のその参考書はまったくの新品のように綺麗でしたが、、、(笑)

 

勉強をする場所も様々でした!大学の自習室派、図書館派、空き教室を借りる派、ファミレス派、、、など色々な派閥がありました(笑)それぞれ勉強仲間を作って知識の交換をしたり、資料を持ち寄ったりしてモチベーションを保っていました。私は別の校舎の図書館派だったので、少人数ながらも楽しく勉強していました!なので楽しい思い出になっています。ランチ時間を長くとり色々おしゃべりしたり、あまり勉強した記憶がないくらい楽しかったです(笑)

 

中でも楽しかったのは、暗記物をゴロで覚えることでした。くだらないゴロを作っては大爆笑していただけなので、こんなんで身につくわけないな?と思っていたのですが、意外と頭に残っていて本番でも役に立ちました!
看護用のゴロの本も売っていたのでそれを愛用していました♪結構オススメです!!とにかく受かればなんとかなるので、要領よくこなしていくのが一番かと思います!なんとかして楽しく勉強できる工夫をすると、少し気分が晴れますよ★
しかもその時覚えた知識は就職してからも役に立つこともあります!なので看護学生の皆さん、頑張ってくださいね!


関連ページ

看護学校の思い出
看護学校の思い出、看護資格を取るためのぽ看護学校は、予想以上に忙しく、大学生活様なエンジョイ出来なかったです!
看護学生の看護実習
看護学生にとっての山場、看護実習の思い出、体力的にもきつかった思い出ばかりです。
看護師を目指したきっかけは?
看護師なら1度は、「看護師を目指したきっいかけは?」はと聞かれますよね!看護師になろうと思った事、看護師に興味を持ったきっかけとは?
看護学校時代に楽しかったこと
看護師を目指す方なら看護学校に通いますよね!看護学校は辛いと聞きますが、楽しい事もたくさん有ります。
新人看護師のミス
看護師初めて1年目前後の新人看護師は、ミスを起こしやすくなると言われています。少し仕事にもなれ、1人で患者担当する事も増えてくるこの時期にミスを起こし自信を失い事も有ります。
新人看護師が辞めたいと思うとき
新人看護師の時は何度も辞めたいと思う事が有ると思います。新人看護師や辞めたいの思う事は誰にでもある事です。