新人看護師転職|1年目の看護師の悩み

MENU

新人看護師の転職

看護師学校を卒業後の職場環境に合わずに1年目で退職してしまった新人看護師さんの転職や再就職を紹介しています。ほとんど経験やスキルを習得する事なく辞めてしまった新人看護師さんの転職は・・・・・

 

看護師として働きだして1年未満で辞めたいと思う人は多く、職場環境や先輩看護師との人間関係などで退職される方も少なくありません。

 

新卒、新人看護師が、辞めたいと思う主な理由は

先輩看護師などとの人間関係、いじめや嫌がらせで精神的な疲労

職場環境、夜勤や残業など仕事内容の激務に耐えられない

看護師として働きだして自分には看護師は向いていない、自身を失う

研修や指導などが多く、自分の時間を取れない期間が長く体調を崩す

 

新人看護師の多くの方が、大学病院や看護学校の付属病院など総合病院への就職になり、夜勤の大変な病棟などに配属されることほとんどです。最初の3ヶ月くらいで体調を崩す方が多く精神的に追い詰められる新人看護師さんも少なくありません。
精神的に追い詰められて看護師として自信を無くし、去っていく方も少なくありません。この様にならない為にも、最初の就職先が自分に合わない、ここでは続けていく事が不可能だと思われた時点で、転職を考えられても良いのではないでしょうか?
あなたに合う職場環境や仕事内容の職場も有ると思います。我慢しすぎて自信を無くしたり、精神的に追い詰められてからでは手遅れになるかも知れません。
経験不足での転職は、難しいと言われていますが、看護師不足の現場も多く新人看護師の転職をサポートしている看護師転職サイトなども有ります。転職をしないまでも看護師転職サイトの転職エージェントやコンサルトさんへ相談するだけで着替え楽になり、仕事を続けて行ける場合もあります。

 

自分だけで悩まないで、まずは誰でも良いので相談して見てください。相談相手がいない場合は、転職サイトなどのコンサルトさんなら安心して相談して頂けます。

 

必ずしも、上記の様な環境では有りませんが、看護師の職場は、医療現場、命を預かる職場です。先輩看護師さんの指導もきつくなる事は必然です。将来の為にも指導してくれる先輩看護師への感謝も必要だと思います。

新人看護師転職におすすめ看護師転職サイト

 

MC─ナースネット

 

新人看護師の転職は不利になる事も少なくありません。最初の就職先を1年以内に退職した新人看護師さんには転職活動も苦労する事も多いですよね!
1年以内の退職の場合、看護師としての経験や知識、スキルも少なく看護師転職の場合、経験者を優先的に採用する傾向があります。すぐに現場で役立つ看護師さんを募集している事が多いのですね!

 

そのような新人看護師の転職活動をサポートする看護師転職サイトが、MCナースネットです。看護師の求人紹介、転職サポートに実績が豊富で、病院、医療機関、クリニック、訪問ステーションなど看護師の職場なら求人紹介が可能です。
経験不足の看護師さんにも研修制度のある看護師求人や新人看護師さん歓迎の求人紹介など様々な条件の求人紹介に強く、紹介する求人の職場環境などをコンサルトさんがリサーチしているので、働きやすい職場への転職も可能だと思います。

 

  

 


看護のお仕事

 

看護師求人紹介サイトの中でも条件面、働き方の自由度が高い求人紹介が出来る看護師求人サイトの看護のお仕事
新人看護師さんや新卒看護師さんの求人紹介でも実績があり、再就職や1年未満の退職の看護師さんの転職にも理解があるコンサルトさんのサポートも看護のお仕事の特徴です。

 

経験が少なく看護師として半人前の新人看護師さんでも働きやすい職場探し、転職活動に役立つ情報が豊富です。
新人、新卒の看護師さんは、働きやすい職場で働く事が重要だと思います。卒業後の就職先で、この先の看護師としての将来が決まる事も有ります。はじめての職場で我慢する事も必要ですが、我慢できないのであれば、早く転職する事も必要だと思います。まずは、新人看護師転職に理解の有るコンサルトさんに相談して見て下ださい。

 

  

 

新人看護師の悩み、体験談

※新人看護師時代の音楽で吐き気

つらかった新人看護師時代について・・・。今まで看護学生のときの実習もとてもつらく、心身ともにヘトヘトになったのですが、それに優ってつらかった時代、それが新人看護師時代です。忘れられません。今でも当時の朝のニュース番組で使われていた音楽を聞くと吐き気がします(笑)

 

まずつらかったこと、それは寮に入ったことでした。実家から病院はそう遠くなかったのですが、朝早い勤務時間を考えると寮に入ったほうがいいかと思い、院内の寮に入ったのです。
しかし、初めての一人暮らし。ホームシックがハンパなかったです。涙。家に帰っても誰もおらず、ご飯もなければ、お風呂もない。ヘトヘトな体に鞭打って、ご飯を作り、お風呂を入れ、倒れこむように寝る毎日。心が荒んでしまいそうでした。新人なのでまだ日勤ばかりの毎日だったので、帰ってからの時間も長く、とても孤独を感じていました。しかも院内寮にしてしまったので、病院と日常が切り離せないようでそれも嫌でしたね。院内寮は人気がなく、学生時代の友人でも選んだ人も少なく、それも失敗でした。結局1年ももたず、実家に帰りました(笑)実家からでも全然通えることがわかり、あの生活はなんだったの!?という感じでした・・・。

 

次につらかったのは、先輩が怖かったことです。当時、師長が変わったばかりで上の先輩看護師たちを折り合いが悪く、病棟内はいつも雰囲気が悪かったのです。新人なのでまだできないことばかり。仕事のできる先輩ばかりだったのでいつも怒られてばかりでした。
そんな中、一度大きなミスを犯してしまい、点滴の滴下速度を間違えてしまったことがありました。確認不足で、夜勤中の先輩看護師が気がつき、すぐに私の携帯に電話がかかってきました。あの時、先輩に怒鳴られた恐怖は今でも夢に出てきます。次の日泣きながら謝り、幸いにも患者さんに害はなくすんだので胸をなでおろしました。それ以降、病院から電話がかかってくると身構えてしまう癖がついたのは言うまでもありません・・・。

 

そんな心身ともにつらかった新人時代ですが、同期に恵まれ一緒に頑張っていくうちにだんだんと慣れていきました。いつも愚痴を言いながらも、励ましあい頑張ったので今でも仲がいいです。プリセプターの先輩にもとても恵まれ、支えてもらいました。辛くて辞めたい時も、一年頑張ってみな!とはげましてもらいました。
本当に1年頑張ったらだいぶ楽になり、仕事も容量を掴めたような気がしました。患者さんにも色々応援してもらったように思います。疲れていると、大丈夫?と声をかえてくださった方、たわいもない話で和ませてくださった方、色々な方の優しさに触れる事ができました。なので、今辛い新人さんも絶対慣れて楽しくなる日がくると思います!負けないで!!

 

※看護学校卒業後の看護師のスタート

看護学校のつら〜い実習、頭を悩まされた卒業論文、緊張した就職試験と面接、勉強を詰め込みすぎて頭がパニックになった国家試験。それらを全てパスして、看護師の卵だった私も晴れて看護師として第一歩を踏み出しました。そしてその後待ち受けていたのは、、、!!今まで史上最も心身ともにつらかった、けれど得るものもとても大きかった怒涛の新人看護師時代への突入です。当時の苦労話などなどいくつかご紹介します。

 

新人看護師としてのスタートは、2日間のオリエンテーションを経て、2日目に配属発表がありました。私が新人として配属されたのは、希望していた整形外科病棟!同期も4人いてとても嬉しかったです。いよいよ次の日から病棟での勤務が始まります。

 

最初の1ヶ月くらいはすべて日勤で、先輩について様々なことを学びます。いわゆるシャドーナースという形で先輩から仕事を教わるのです。メモを取りながら、業務内容を覚え、疾患や看護手技などを覚えていきます。慣れないことだらけ、カルテを見ても疾患についてもよくわからず、略語や治療方法もよく理解できなかったので、勤務後は勉強もしなくてはなりません。
看護手技も学校で習った基本的なやり方をもう一度復習し、実践で行えるようにしなくてはなりませんでした。教科書や実技試験でやったことがある手技でも、実際の患者さん相手では勝手が違うのでいちいち緊張したことを覚えています。また、病院のシステムも覚えて仕事をしなくてはならないので覚えることが山のようにありました。見て学び、帰って復習・・・でも日勤が続くので次の日も早い!体も頭もなれるのに必死で大変でしたね。

 

そしてゴールデンウィーク明けくらいからいよいよ患者さんを一人受け持つこととなりました。ケアや記録はフォローの先輩に確認してもらいながら行います。でも、先輩がフォローしてくれるとは言え、自分自身でケアや記録を行うのでとても緊張しました。
先輩との相性もあり、怖い先輩の時はその日一日緊張し通しで倍疲れたことを思い出します・・・。
この頃からすこしずつ夜勤にも入るようになりました。まだ見習いで先輩についての夜勤でしたが、なれない生活リズムになるので寝不足となり体力的にもきつかったです。

 

そこから段々と受け持ち患者さんが1人から2人、2人から3人、そのうち1部屋全員・・・など増えていきます。徐々に仕事も慣れてくるので、
すこしずつできることが増えていくのは達成感がありました。定期的に新人オリエンテーションがあり、様々なことを学ぶ機会もありました。

 

他にも日々の振り返りをプリセプターの先輩や師長・主任と行い、評価してもらえたので、自分の成長を感じたり、足りないところを考えさせられたりしました。とにかくなれないことだらけでしたが、1年目が終わる頃には一人で大体のことはできるようになりました。
振り返ると、何度も辛くて辞めたいと思いましたが、1年続けてみたらここまでできるようになったんだと思えました!最初はみんな新人です。できなくて当たり前!でも、そこからひとつずつ確実に自分のものにしていけばいいんだと思います!!とりあえず1年耐えてみて、そこで成長を感じられたら嬉しいですね♪

新人看護師が覚える事

新人看護師は沢山の看護技術を覚えなくてはなりません。看護学生の時に看護技術については基本的なことを学び、実技のテストなども沢山ありました。しかし、それは教科書通りの基本的なやり方であることが多いので、実際の現場にあった技術を覚え直さなくてはならないことも多いです。使用する資材もさまざまな上、時間のない中でいかに効率よく行えるかが重要になってくるからです。また、日々資材も進化し、やり方も変わるので覚えなおすこともあります。柔軟に対応しながら、体で覚えていくことが必要になってきます。

 

新人時代に覚えた看護技術は、車椅子への移乗移送の方法、トイレ介助の方法、尿器・便器の使い方、採血、点滴のつくり方、などなどです。これに加え、業務の内容を覚えなくてはなりません。1日の流れ、夜勤の回り方、手術室への申し送りの方法、手術患者さんの準備、様々な検査の準備、などなど数えだしたらキリがないほど沢山のことがありました。またこれらは、配属先の科によって特性があるので、病棟の異動があればまた覚えなおすことも沢山あります。基本的な看護技術や一日の整えに加え、それぞれの科の特性を覚えていく必要があるのです。

 

私が新人時代、なかなか習得するのに苦労した技術、それは採血でした。色々な方法があるのですが、私はカテーテルチップで採血するのが苦手で初期はよく失敗してしまいました。ぐらぐらしてしまい、針の挿入部位がうまく固定できなかったのが原因だと思います。採血している間に段々針が抜けてきてしまったり、奥に入り込んでしまい血管からずれてしまうことがありました。それに採血自体とても緊張してしまって、焦りからうまくいかないことがありました。

 

そんな中、先輩や先生が腕を貸してくださり練習させてもらいなんとかコツをつかんでいきました。私の場合、真空管で採血したほうが成功率が高かったので、患者さんに採血するときは真空管で採血することにしました。
落ち着いて深呼吸しながら、一気に指すと成功することがわかり自信につながりました。コツがわかればその後は落ち着いてやればできるようになりました。どうしても取れなそう!というときは1度トライしてみて、ダメだったら先輩にお願いするようにしました。

 

これは、先輩に自分で2回指すのはやめるよう言われたからです。1度失敗したら、焦りから次も失敗する可能性もあるので、少しでも患者さんの負担を軽減させるためです。採血する人を変えると成功することも多いので、そういう時は焦ってトライするのではなく、変わってもらうほうがいいのだと知り心が軽くなりました。看護師でだめであれば、回診時に先生にお願いしていました。患者さんも沢山失敗されるのは苦痛なので、潔さが大事なんだなとわかりました。

 

なれない看護技術でも、なんども練習することで自分なりの方法を習得できるものです。諦めずに練習してみてくださいね!!

新人看護師転職|1年目の看護師の悩み記事一覧

看護学生の学生生活というと大変、忙しそう、つらい、、、というイメージではないでしょうか??私もそう思っていた1人です。特に、看護実習が始まったらもうまったく自由時間などない過酷な生活が待っているのでは!?とヒヤヒヤしていました。学生時代も忙しくて、働いたらもっと忙しいなんて耐えられない、、、!!せめて学生時代は遊びたい!と考えた高校生の私(笑)なので、学生時代が一年でも長い方がいいので、四年制大学...

看護学生にとって、最大の山場・・・それはやはり看護実習だと思います!!10人中10人がそう答えるのではないでしょうか。それくらい、涙あり、涙あり、涙あり・・・(笑)な大変な看護実習についてお話します。まず何が大変かというと一番は体力的かと思います。病棟は朝早くから仕事が始まります。そのため朝の申し送りから参加するので、必然的に看護学生の実習も朝が早いのです。では、その分早く帰れるのかというと、そう...

看護学生の最大の山場、看護実習を終えると次に待っているのが国家試験です。これに合格すれば晴れて看護師になれるわけです!もちろん出題範囲は看護系授業の全科目から。保健師や助産師も受ける学校なら、看護師の国試の勉強に加えて、それぞれの専門分野の勉強も加わります。範囲も広いし、暗記がたくさん。今もあるかわかりませんが、私の時はそこの部分を合格点までとらないと他の部分がどんなに良くても不合格になってしまう...

看護師の方は一度は「看護師を目指したきっかけは?」と聞かれたことがあるのではないでしょうか。大概は母が看護師だったから、とか自分自身や家族の病気の際に素敵な看護師に出会って、などの理由が多いと思います。私もその質問をされた時は、父が小学生の時に胃がんになり、その時に看護師に憧れた、と答えています。でも実際は、小学生の時は看護師なんて興味はなく、、、(苦笑)むしろ病院も怖いし、病気の人や死に関わる仕...

看護学生時代、楽しかったこと。それは意外と普通の大学生と変わりません!忙しい中でもそれなりに大学生活を謳歌できるものです。看護実習や国家試験の勉強など、普通の大学とは違うところは沢山ありますが、学生生活は楽しい思い出が沢山あります★大学ではサークルはありませんでしたが、変わりに部活動が盛んで、大体みんな部活に入っていました。私の大学では、医学科と看護学科しかない学校だったので医学科と一緒に部活をし...

新人看護師時代、私はとても大きなミスをしてしまったことがあります。今思い出してもどうしてそんなことをしてしまったのか・・・。新人だからこそ確認を何度もするべきだったのに、焦る気持ちで思い込んでしまい、結果的にミスをしてしまいました。幸い患者さんに何事もなく済みましたが、もしなにか患者さんの身に起こっていたら・・・と考えるとぞっとしてしまいます。あれから何年も経ちましたが、未だにあの時のミスが忘れら...

新人看護師にとって、誰もが一度は「もう辞めたい!!」と思うのではないでしょうか。ミスをしてしまった、先輩に怒られた、患者さんとうまくいかない、、、などなど日々悩みは尽きません。日勤が続いたり、夜勤があったり、慣れない生活リズムにも戸惑いの連続です。そんな中覚えることだらけの業務をこなし、帰ってから病気や薬の勉強をして、さらに一人暮らしなら溜まってしまった家事もこなさなくてはなりません。日々いっぱい...

とても心身ともに辛かった新人看護師時代ですが、そんな中でも楽しいこともありました!いくつかご紹介致します★私にとって勤務中の一番の癒しは患者さんと話すことでした!!整形外科病棟なので、通常は高齢の方が多く、長期休みの時は中高生など若い子たちが入院されていました。高齢の患者さんには色々教えてもらったり、孫のように可愛がっていただきました。中には、孫のお見合い相手にどう?なんて声をかけていただいたり、...

辛かった新人看護師時代が終わると、次からの2.3年目はとても楽しかった思い出ばかりです。自分のペースもつかめるし、息抜きの仕方などもわかってきます。やりたい仕事も出てきたり、興味のある分野もわかってきました。効率よく仕事をこなす方法もすこしわかってくるので、一年の時ほどがむしゃらに働かなくても仕事が出来るようになりました。そのため、いくらか余裕が出てきたように思います。まだ病棟内では下なので、責任...