看護師のダブルワーク|看護師バイト

MENU

看護師のダブルワーク

看護師の勤務形態は一律ではありません。病院などの外来専門では、日勤のみですが病棟での勤務となると、病棟には日常勤務と准夜勤と夜勤があり、8時間のシフトで構成されています。
病棟の場合には、この勤務形態はシフトで輪番するのが普通ですが、手当が厚い深夜勤務を専属にする看護師もいます。こうした看護師は昼夜の生活が逆になるわけですが、時間の使い方によってはダブルワークをするものもいます。

 

深夜勤務明けは、午前9時でそこから仮眠して、午後に集団検診のアルバイトというダブルワークや深夜勤務を連日したのちに、つぎの深夜まで3日以上空く場合には、旅行のツアー(ツアーナース)に同行したりして看護の業務についたり、リゾート地の臨時の看護業務にアルバイトとしていくなどのものがあります。

 

とくにツアーナースやリゾート関連の業務は、旅行代金がただでリゾートを楽しめるので行っている看護師もいます。というのもツアー同行の場合に看護業務をひとりでこなす必要があり、深夜勤務もまた少ない看護師で状況判断しなければならない点で業務の責務が同じ構成となっているのでやりやすいということもあり、この形態のダブルワークは近年多くなっており、また日当は日勤の際の日当よりもいい場合があることも要因となっています。

 

このようにメインの看護師としての勤務の形態によっては、ダブルワークも簡単にでき大きく稼ぐことができますが、働きづめになることもあるので体力面での考慮は必要であると思われます。

 

看護師バイトの詳細・求人情報

 

関連ページ

日勤と夜勤の看護師の時給
看護師バイトの時給も働く時間によって大きく変わります。日勤と夜勤では、時給、給料形態が違うので働く時間帯を考慮した求人探し、仕事探しになります。
看護師バイトのメリット、デメリット
看護師バイトの働き方のメリット、デメリットを紹介しています。就業時間や給料面、仕事内容などのメリット、デメリットとは