高齢者の熱中症

MENU

高齢者の熱中症

毎年、夏を迎える季節になるとテレビでも盛んに熱中症への注意喚起がされていますが、それでも熱中症患者は増えるばかりです。何故なんでしょう?
原因はいろいろ言われていますが、高齢者が増えた事、地球温暖化、道路の舗装が進んだ事等々あるそうです。
訪問看護で訪れたお宅は高齢者の方のお宅がほとんどだったのですけど、毎年、熱中症の予防には気を使いました。
入るなり、ムッとするような熱気のこもった部屋で重ね着をされていたり、大汗をかきながら「そんなに暑くない」と言い切る方。水分摂取を勧めても「喉は乾いてないです」と自分からは水分を摂ろうとしない方の多い事。

 

高齢者の熱中症が多い事について考えてみたのですけど、高齢者って暑さや咽の渇きに鈍感になる事に加えて、根拠の無い自信があるという事も大きいのかな?と思います。
実際、高齢者の方が過ごした幼少期や青年期などは現在より、ずっと気温が低くて冷房なんて無くても充分、快適に過ごせる環境でしたから。

 

自分の子供の頃を思い出してみても、30℃を超える事は滅多になくて、真夏といえど、家じゅうの窓を開け放って打ち水をし、葦津越しに風を感じながら風鈴の音を聞けば充分涼しさを感じられましたし、井戸で冷やしたスイカを頬張れば夏を満喫できました。アイスクリームやかき氷は店で食べるか買ってくるもので、たまにしか食べられなくてもそれで充分でした。エアコンは贅沢品でしたし、隣家の室外機の熱風が室内に入るという事でご近所トラブルもあった時代。人生の大半を自然の風だけで過ごせた経験から、今になって周囲が熱中症について騒ぐのも大袈裟に見えてしまうのでしょう。

 

でも現在では夏と言えば30℃を超える事は珍しくなく、室内にいても熱中症になってしまう程の凄まじい気候なんですけど、皮膚感覚が鈍くなってそれを感じ取れなくなっているのかなと思います。

 

高齢者の方に熱中症の危険性を知って頂くには、現在の気温が過去のそれとは全く違うという事を知って頂くのが一番大事かと思ったので、温度計を準備して数値を実際に見て頂いたりして納得して貰いました。水分は喉が渇いていなくても飲むようにして貰いました。「喉が渇いた自覚が出る頃には既に脱水ぎみ」という説もあります。塩分の補給も勧めたのですけど、これはご家族から反対されたりもしました。「日本人は元々塩分を摂りすぎているから摂るのは水分だけで良い」とTVで偉い先生が話していた。そうです。これについては個人差もあるでしょうし、一概に言える事でもないので強制はしていません。

 

訪問看護では個々のお宅に伺うのですが、お宅によっては室温はまちまちです。大抵は寝たきりの利用者様に合わせて多少暑くても我慢してケアを行うのですが夏期に関しては利用者様の健康面からも積極的に室温調整をしています。