看護師のお洒落、どこまで許される?

MENU

看護師、ナースのお洒落はどこまで許される?

ナーキャップを廃止する施設が増えてきて、ナースキャップの留めボタンの代わりにピンバッジを付ける事はできなくなりましたし、まとめ髪をキャップの中に押し込んでいた友人は代わりになる物を探して大わらわ。時代の流れは罪なものですね。
昔に比べて白衣は動きやすく機能性が、ぐっと増したように思います。現在はパンツスーツ型が主流でしょうか。ワンピース型の白衣でも白のストッキングを指定している施設も少なくなっていて昔のような看護婦スタイルはほとんど見られなくなったように思います。
今時のナースのおしゃれってどの程度許されるのでしょうか?
もちろん清潔は基本ですけど、髪やメイク等は施設によって規制はまちまちだと思います。
私の知っている例をいくつかお話しましょう。

 

おしゃれな友人がいまして、当時ソバージュヘアが流行っていましたが、彼女もしっかりソバージュにしていました。(ソバージュというのは粗めのアフロのようなパーマをかけたヘアスタイルです)ナースキャップが被れるようにと短めのソバージュでしたが、夜に髪を洗っても寝てしまうと髪がペタっとなってしまうので必ず朝、シャンプーしなくてはなりません。なので彼女、毎朝、睡眠時間を削ってもシャンプーしてから出勤していたそうな。
地元の公立病院で一時期、看護師として一緒に働いていた方のお話しです。都会の有名な大学病院で看護学生の指導に当たっていたというその方の髪は明るめの茶髪でした。 当時はまだ茶髪が一般的では無かった事もあって髪の色の規定はありませんでしたが結構衝撃的ではありました。それでも彼女が注意を受けなかったのは彼女の経歴に敬意を表したから。という噂がありましたが真偽のほどは判りません。

 

看護業務中は指輪は邪魔になりますし、爪も伸ばせないので本格的なネイルもできないので休みの日にこっそりマニキュアをしては出勤前に落とすくらいしかなかったのですが、最近では剥がせるタイプとかシールなどもあって楽しめそうですね。

 

指輪がダメならとプチネックレスをこっそりしていたら、白衣の襟元が思ったより開いていて、実は丸見えだったという経験があります。でも褒められこそしましたが、注意は受けませんでした。シンプルなタイプだったのでセーフだったのかも。

 

看護師って仕事のストレスからか、ブランド物やジュエリーに嵌る人が結構いるそうです。
オーダージュエリーを中心にやっている有名なジュエリーショップではお得意様には看護師が多いそうです。仕事中、服装に制約がある分、仕事が終わったら発散したいという心理なのかもしれません。いずれにしても綺麗な物や可愛い物を見ていると癒されますよね。