大震災時の看護師の対応

MENU

大震災時の看護師の対応

2011年3月11日、、、日本人なら誰もが知っている忘れられない日。大地震が起こり、津波や家事などで多くの方が犠牲になった大変な日です。都内の病院でも例外ではありませんでした。色々なところで支障がでて大変でした。あの日のことを振り返ってみます。

 

あの日、私は日勤でした。日勤が終わり次第、同期たちと飲みに行く約束をしていて、順調に仕事をこなしていた矢先、、、。あの大地震が起こったのです。最初は、目眩?!と思うようなグラグラした揺れが起こり、次第に突き上げるような大きな揺れになりました。患者さんたちも驚き、パニックが起こりました。
すぐに病院内の放送がかかりました。冷静にその場で待機するよう指示が出ると、私たちは師長の指示のもと、患者さん一人一人の安全を確認しました。幸い停電などは起こらず、医療機器は無事でした。しかし次第に揺れのショックが収まると、院内での被害状況もわかってきました。手術室から帰室する時の廊下がひび割れてしまい通行止めになったり、耐震強度が弱かった建物が立ち入り禁止になったししたのです。平日だったので、手術も行われており、その後の帰室の際は、遠回りして帰ったり大変でした。手術中の先生たちも、手術を途中でやめるわけにはいかないので患者さんを支えたり、電気の確認をしたり大変だったそうです。

 

交通網も麻痺してしまったので、夜勤看護師がなかなか到着することができません。そのためその時いた日勤メンバーでなんとかつないでいました。中にはその日夜勤明けで朝帰宅した看護師も寮から駆けつけ、夜勤に加わったりしました。
出来る人でなんとか業務をこなし、患者さんの安全を確保していた感じです。連絡を取りたくてもなかなか電話もつながらず、院内寮に住んでいた人などが休みの人でも駆り出されました。日本中のパニックと共に、私たちの病院や病棟でも沢山の人が混乱を記していたのです。

 

様々な建物に影響が出ていたため、そこから数週間単位で通常業務に支障がでました。物品不足なども起こったので、なるべく無駄のないよう心がけて業務にあたりました。当時、計画されていた歓送迎会などのイベントも全て自粛されました。みんな節電に取り組み、少しでも力になれればと努力していたように思います。患者さんも色々と協力してくださいました。