看護師ファッションの今昔

MENU

看護師、ナースファッションの今昔

看護師として長く勤めていると「変わったな」と思う事がいろいろあります。
医学の進歩によって診断方法や治療方法が格段に進化したのはいうまでも無いのですがここでは看護師の服装についてのみ考えてみます。
共感してくださる方ってどのくらいいらっしゃるのかな?
私が看護師になった当時、看護師の服装と言ったら、白衣は木綿のベルト付きワンピース。大ぶりのナースキャップ、白いストッキングに白いサンダル。遠目でも看護師だと判るという典型的なナーススタイルでした。
木綿のワンピースは糊が凄く効いていてピシッとプレスされているのは良いのですがクリーニングから戻ったそれはまるでボール紙のようにピンピンになってしっかり固まっています。そのままでは着られないので前身頃と後身頃の間に手を入れてバリバリと音をたてながら剥がして着ていました。開襟の襟もとは深くV字に開いていてかがむと胸元が見えそうだし。

 

ひざ下のスカート丈はしゃがむ度ずり上がってきて裾が気になるし、分厚く見える生地なのに白だけあって下着が透けやすいし。だから下着はいつもベージュかグレー、クリームイエローといった目立たない色にしていました。
白いストッキングは基本、病院の売店にしか売っていないし、伝線すると目立つし、と良い事は無かったですね。ナースキャップは憧れもあったし、何よりナースの象徴みたいな物でしたから不満はありませんでした。キャップを被ると仕事に向かうスイッチが入る気がして好きでした。

 

ナースキャップは衛生面や機能面等で問題アリとなってから急速にナースキャップは姿を消していきました。
思えば私もナースキャップはあまり洗わなかったし、点滴棒や無影灯に引っかけたり、カーテンを開けてしまったりと失敗は数知れず・・・
その度にキャップがずれたり取れてしまったりして痛い思いもしましたけど、いざ無くなるとなった時は寂しかったですね。長い髪をまとめてキャップに押し込んでいた同僚なんかは「これからどうやって髪をまとめたら良いの?」と途方にくれていましたっけ。

 

今では白衣も伸縮性のある機能的な素材になってデザインもおしゃれなデザインが増えて深いV字の開襟は見かけなくなりましたし、パンツスーツが多くなって動きやすく進化しています。下着も透けにくくなったのかな?
職種によって制服は様々ですが看護師の制服、白衣は特に進化が目覚ましい気がします。
ナースキャップが無くなって戴帽式はどうなったのかな?と素朴な疑問を感じて調べてみました。キャップの廃止に伴って戴帽式を止めたところもあるようですが、節目の大事な区切りとして行われているところも多くあるそうです。
戴帽式は厳かで印象深い素晴らしい式だと思うので是非これからも受け継いでいって頂きたいですね。