訪問看護に必要に感じる認定訪問看護師

MENU

訪問看護を続けるなら認定看護師の資格を取ろう!

訪問看護師に憧れている方も多いでしょう。
訪問看護師の仕事を長く続けたいと思っている人も多いでしょう。そういう人に認定訪問看護師を目指すことをおすすめします。
なお厳密には訪問看護認定看護師です。

 

看護師の資格を持っていれば、訪問看護師にはなることができます。
病院に勤務したことがあるか、ないかに関わらず、看護師の資格を持っていればその仕事をすること自体は難しくないでしょう。
ですが、仕事を続けていく中で、認定訪問看護師の資格が必要だと感じる人も多いでしょう。
その資格を取得すれば、とても豊富な知識や非常に高度な技術を持って医療に当たることができますし、他の看護師などに対して、指導や育成をすることもできます。高齢化社会において、看護師の役割はますます大きくなるでしょうから、有能な看護師の育成は不可欠です。
相談に乗るなどコンサルティングをすることもできます。
そして、認定訪問看護師はケアマネージャー、介護士、薬剤師などと連携して、さらにリーダーシップをとらなければなりません。

 

では、その資格を取得するためには何が必要でしょうか。
先ず、看護師、保健師、助産師のいずれかの資格を取得していて、かつ実務の経験が5年以上ある必要があります。
5年のうち、訪問看護の分野で3年以上の実務経験が必要になります。

この条件を満たして、教育機関による教育課程を修了して、さらに審査に合格すれば、その資格を得ることができます。

 

訪問看護師の詳細・求人情報


関連ページ

訪問入浴看護師の仕事
訪問入浴看護師の仕事は正看護師、准看護師でも行える仕事です。基本的な業務、時給などを紹介しています。
訪問看護師の給料
訪問看護師の需要、求人募集は年々増加しています。看護師の仕事の中でも日勤だけ働く看護師さんの中では給料面で恵まれていると言われています。
訪問看護師に求められるスキル
訪問看護の看護師としてのスキルや経験は?働きながら身につくスキルとこれだけは必要な訪問看護師のスキル
訪問看護のメリット、デメリット
訪問看護のメリット、デメリットを紹介しています。在宅医療での訪問看護師の有り方、訪問看護jの必要性や負担などを紹介、利用者負担なども今後問題になってくると思われます。
訪問看護師の資格
訪問看護師として働く為の資格は特別必要は有りません。看護師資格と看護師としての経験があれば誰にでも出来る仕事だと言えます。