訪問看護師の資格

MENU

訪問看護師の資格

看護師は、看護学校や看護大学を卒業して看護師の国家資格を得てなることが出来ます。この看護資格は更新の必要がなく、一度取得すると、ずっと保持することが出来ます。
その資格を持っていると、病院やクリニック、診療所などで働くことが可能です。時には訪問看護ステーションや介護施設でも働くことが出来ます。看護師という資格があれば、ほかに特別な免許がなくても働くことが出来るのです。訪問看護師もそうです。特に試験があるわけではなくて、一度看護師の免許をもらえばそれを利用して働くことが可能です。

 

ただ訪問看護師の場合は、これまでの看護経験は重要になるでしょう。訪問看護師は医師と一緒に在宅に訪問することもありますが、1人で訪問をすることもあります。

 

一人で訪問をする場合は、患者さんの状態を把握したり、褥瘡や胃瘻の処置をしたりしますが、判断をしたりするのは全て自分です。看護経験がなくては、処置などにも時間もかかりますし、患者さんの状態をアセスメントするのも容易にはできません。そのためにこれまでの他科の経験が大切になるのです。

 

どの科の経験でもいいですが、内科や外科、また整形やリハビリの知識があると役に立つことが多いのではないでしょうか。また在宅に訪問をすると患者や家族にいろいろ質問をされることもあります。それらにもこらえていくために、やはり看護の知識はなくてはならないのです。また訪問看護師として常に知識を高めるために自己学習、スキルアップを目指すことも大切なのです。

 

訪問看護師の詳細・求人情報


関連ページ

訪問入浴看護師の仕事
訪問入浴看護師の仕事は正看護師、准看護師でも行える仕事です。基本的な業務、時給などを紹介しています。
訪問看護師の給料
訪問看護師の需要、求人募集は年々増加しています。看護師の仕事の中でも日勤だけ働く看護師さんの中では給料面で恵まれていると言われています。
訪問看護師に求められるスキル
訪問看護の看護師としてのスキルや経験は?働きながら身につくスキルとこれだけは必要な訪問看護師のスキル
訪問看護のメリット、デメリット
訪問看護のメリット、デメリットを紹介しています。在宅医療での訪問看護師の有り方、訪問看護jの必要性や負担などを紹介、利用者負担なども今後問題になってくると思われます。