訪問看護求人|訪問ステーションで働くには

MENU

訪問看護師、訪問ステーションで働くには

訪問看護の仕事をお探しの看護師さんに、訪問ステーションや訪問看護師として働く為の情報を紹介しています。

 

病院勤務に疲れた看護師さんの転職先としても最近注目、希望者の増加が見られるのが訪問看護の職場です。
看護師の退職理由の1つ人間関係も訪問看護師の職場は、人間関係の悩みも少ない職場と言えます。
また、自宅近辺で働く事が出来る事などで家事との両立もしやすく結婚されている看護師さんやバツイチの看護師さんも多い職場で、理解もあります。

 

これから高齢化社会はますます進みます、訪問看護業界も拡大していくのは予想されています。現に訪問ステーションは増加しています。それに従い、看護師募集も増加し、条件、報酬も良くなっています。
訪問看護の仕事をお考えの看護師さんで、もう少し詳しい事を知りたい方、訪問看護師の職場を知りたい方、仕事をお探しの看護師さんに訪問看護師求人紹介に実績がある看護師求人紹介サービスを紹介しています。
無料で利用出来るサービスですので、まずはどの様な求人が有るのか?訪問看護の仕事内容、給料形態などを詳しく知る為にもご利用下さい。

訪問看護求人に強い看護師求人サービス

ナース人材バンク

 


訪問看護の求人は年々増加していますが、条件や給料面で不満に思われている方も多いと思います。訪問ステーションは、各地域に有りますが給料形態や条件などが異なります。
訪問看護の仕事をお探しの看護師さんに少しでも多くの求人紹介が出来、実績も豊富な看護師求人サービスのナース人材バンク

 

訪問看護師の仕事をお考えならナース人材バンクは役立つ情報が豊富で、優良求人も多いですよ!また登録後のコンサルトさんの対応も良く、交渉力も有るので、あなたの希望に近い職場が見つかるかも知れませんよ!
まずは、無料登録で非公開求人とコンサルトさんの話を聞きましょう!
  

 

 


 

MC─ナースネット

 


訪問ステーションでの看護師求人をお探しの方のほとんどが非常勤、アルバイトやパートでの働き方を希望されているのではないでしょうか?
そこで紹介したいのが看護師バイト紹介では、業界トップクラスの紹介実績のMCナースネット
訪問看護の仕事紹介も多く、常勤、非常勤どちらの働き方も提案出来るのであなたのライフワークに合わせた職場の紹介、求人紹介が可能だと思います。

 

訪問看護求人は、ここ最近増加しています。条件面や働き方の交渉などもやり易くなっていると言えるのではないでしょうか?
MCナースネットのコンサルトさんも交渉力もあり、あなたの希望する職場探しに役立ちますよ!
  

訪問看護師の需要は今後拡大する

看護師の仕事の需要は、少なくなる事はないと思われますが仕事内容の変化や給料形態、働き方などは変化していくと予想されます。
特に、ここで紹介している訪問看護師は今後需要が拡大していくと言われています。実際、訪問看護師の求人募集は、ここ最近で多くなってきています。
訪問ステーションなども大小の施設があなたの回りでも増えているのではないでしょうか?

 

高齢化は社会問題になっていますよね!高齢化に伴い介護施設、老人ホームなどの施設も増加しています。この様な施設などでも訪問看護を利用されることが多く、訪問看護師の需要はますます増えると思われます。

 

今まで看護師として働いてきた方で、訪問看護に興味のある方、今の職場では遣り甲斐が見えない方、職場のお局さんと上手く行っていない方で転職をお考えなら訪問看護師への転職はいかがでしょうか?

 

訪問ステーションのほとんどが、それ程年数が経っていない施設が多く、古株の看護師さんの理不尽な要求、仕事などがほとんどありません。
また病院看護師の様な人間関係もあっさりしている事がほとんどで、患者の自宅や施設に自身で出向くので多くの看護師と関わる事も少なく人間関係に疲れた看護師さんでも働きやすい職場が多いのが特徴です。

 

訪問看護師は今後も需要が拡大するのは間違いないと思いますが、給料面でも上昇すると予想されています。ある程度の看護師のスキルや経験が必要な事や看護師に任される仕事も多い事などから給料面での優遇がないと人員を確保する事が難しいと予想されています。

 

高齢化社会で遣り甲斐のある看護師の仕事としても魅力はあるのではないのではないでしょうか?

訪問看護師の仕事、求められるスキル

訪問看護師の仕事は高齢や障害等が原因で自力で頻繁に医療機関にケアを受けに行く事が出来ない人の心身のケアをその人が住んでいる自宅や施設で行う事です。
訪問看護師の仕事には単にサービスを必要としている人々のケアを行うだけではなく、家族や他の支援者と連携し、より良い看護を実現する事もあります。訪問看護を利用している人の心身の状態を観察し、問題があれば早期に適切なケアを行う事も訪問看護師の仕事です。
病気や怪我のケアを行うだけではなく、病気や怪我をしないための予防に力を注ぐ事もそれに該当します。
訪問看護師の重要な仕事の一つに利用者の服薬管理があります。服薬でミスが発生すると利用者が命を落とす危険性があります。そのため、服薬の管理、薬の説明、服薬後の体の状態の確認を業務として行います。
訪問看護師は利用者が活用している他のサービスの事業所とコミュニケーションを取り、より安全で快適なケアの方法を学ぶ事も大切な業務の一つです。また、利用者の身体状況や今後発生すると予想される問題点を関係する人々に伝え、情報を共有する事も大切なそれの一つです。
訪問看護師の業務は利用者の体調の変化を迅速に知る事です。これが出来なければスムーズなケアが出来ないです。利用者をよく観察する事、異変があればすぐに必要なケアにつなげる事も重要な業務です。
病気や怪我の処置を行うだけではなく、コミュニケーションをより多く取り利用者の今の状態を知る事も業務です。

訪問看護師とは

訪問看護師とは、医療機関や訪問看護ステーションから医師の指示を受けて、患者の自宅に赴き医療の補助行為を行う人のことです。無論、訪問看護師ですから看護師でなければなりませんし、訪問看護ステーションにあっては理学療法士や作業療法士、言語聴覚士なども属することが出来る一方、あくまで看護師がメインで行わなければなりません。

 

訪問看護師とは、そもそも医療の事業の中で行われていました。ところが、介護保険制度がスタートする中で、要介護認定、要支援認定を受けた人が、主治医が在宅医療が必要だと判断した場合には、介護保険制度の中でのサービス利用も行わなければならない状況に至ったわけです。

 

ただし、要介護や要支援認定を受けた人は介護保険制度が原則ですが、国が定める疾病の人例えば末期がんなどの場合には、医療保険からの支払に切り替わります。支払先が医療保険からなのか介護保険からなのかの違いで、行うこと自体は同じです。

 

入院から在宅へ、施設から在宅へと切り替わる中で、徐々に訪問看護のニーズも高まっています。ただ、肝心の看護師が在宅医療を提供出来る状態にはない地域があり、地域格差が広がっていると懸念されているところです。今後、特に地方において限界集落と呼ばれる地域などで、在宅医療を必要とする人がサービスを受けられない懸念が出てきています。在宅医療や在宅介護がどこまで対応が出来るものであるのか、不透明な情勢になってきています。

訪問看護師転職体験談

※訪問看護をやりか、やるまいか?

体調を崩して病院を退職した後、体調回復を待って就職活動を始めました。
ハローワークにも通ってたくさんの求人票を見ましたが、職場が遠かったり、時給が安かったり、拘束時間が長かったりと、なかなか決められずにいました。
そんな中、私は訪問看護の事業所の時給が高めなのに気付きます。

 

でもその時は訪問看護なんて自分にはやれそうもないと思い、近所のデイサービスに就職を決めました。デイサービスの1日は送迎で始まります。毎日、送迎をしているうちに利用者さまへのお宅に伺う事に次第に慣れていきました。また、当たり前の事ですけど、デイサービスだと入浴やマッサージ、リハビリ、レク等、雑事に追われて利用者様1人1人とゆっくり話す暇もありません。もっと個々の関わりをゆっくり持ちたいと思いました。
そのあたりから訪問看護も良いかな?と思い始めた気がします。

 

ところで訪問看護の事業所が、常にスタッフを募集しているというのは職員が居つかないのを意味します。仕事内容や人間関係、様々な問題があるでしょうが、次々スタッフが辞めて行くような施設に足を踏み入れるのは躊躇いがありました。

 

そもそも、訪問看護がどんなものなのか、自分に務まるものなのか。不安しかありません。でもやっぱり時給が良いのは魅力的なので諦めるのも勿体ないかなあ?という思いがありました。
それで、一応チャレンジしてみようと思い立ち、面接を受ける前に訪問看護について自分なりに調べてみる事にしました。うっかり事業所に面接を申し込んだらそのまま採用すると言われるのは間違いないと思っていましたから。心の準備ができないまま引き込まれるのは怖いので前準備は必須です。

 

そこで顔の広い知り合いに誰か経験者はいないかと尋ねてみたところ、偶然、今まさにその仕事についている人がいるとの事。さっそく紹介して貰い、話を聞く事に。約束の日、彼女は私に簡単な説明をした後、とにかく、自分ではうまく教えてあげられないから実際、自分が働く施設を見学するよう勧めてきました。
内心困ったなとは思いました。このまま引き込まれるパターン?とも。その施設とはなんと私の家からごく近い場所で、デイサービスをしている事は知っていましたが訪問看護まであるとは知りませんでした。
求人票は出ていなかったので積極的に看護師を募集している訳では無さそうでしたが、万一、このまま就職が決まっても通いやすいから良いかな?と思ったのも確かです。小さな部屋に通されて待っていると現れたのは二人の女性。施設長と訪問看護の所長でした。
「ここで働くつもりで来た訳じゃないんですが、訪問看護について教えて頂いて良いですか?」と(今から考えればなんとも失礼な言い方なのですけど)前置きして話を聞く事に。
二人は「ここで働いて貰えればもちろん嬉しいけど、訪問看護がどんなものかを聞いて貰えるだけで良いんですよ」
と実際の勤務状況やケア内容、注意事項など基本的な事を詳しく説明されました。
説明を受け、心配な事を質問し、また答えて頂くを繰り返しているうちに、訪問看護への不安がどんどん消えて行くのが判りました。
在宅の患者さまにたった1人でケアする事、様々な状況にも1人で対処しなければならない事等、不安はいろいろありましたが、困った時には携帯で所長や主治医に指示を仰ぐ事もできるし、決断を急がない事であればステーションに戻ってから他のスタッフと相談する事もできます。なんでも1人で抱え込まなくて良いというのは嬉しい事でした。
話が一通り終わったところで
「どう?やってみる気ある?」
と言われて、思わず
「やってみたいです」
と答えた私。
かくして 翌月から私は訪問看護師になりました。

訪問看護求人|訪問ステーションで働くには記事一覧

訪問入浴看護師は正看護師、准看護師問わずに仕事を行う事ができます。訪問看護師ではありますが、一人での訪問ではなく、3人で訪問するために特殊な訪問体系となります。主にバイタルサイン測定、更衣介助、入浴介助であるため、看護の基本である生活援助の部分である事から特別な手技は必要ありません。必要な軟膏塗布や創傷の処置、緊急時には吸引などを行う事もあります。メリットとしては、日勤専従ですが比較的給与面が良い...

訪問看護師の給料は医療機関で勤務する看護師よりも高いケースが多いです。給料は高いですが医療機関で勤務する看護師よりも任せられる業務の範囲が広いため訪問看護師の責任は重いです。経済的な収入は多いですが、責任が重くなるため精神的、肉体的なストレスは大きいです。訪問看護師の給料は高いと言われています。しかし、介護職、医師、家族等と連携しなければ訪問看護師の業務はスムーズに出来ない事も多くあります。そして...

訪問看護師は、医師の指示より来院が難しい高齢者に対して自宅に訪問することで健康状態のチェック並びに簡単な医療行為を行う地域医療を担う看護師です。その仕事内容は医師の訪問での往診とは違い、その医療行為は限定されるものの患者の状況判断には適格性を要されるため高いスキルが要求されます。外国では、訪問看護師が風邪や胃炎などの軽症についての投薬や診察が医療行為として認められていますが、日本ではこのような医療...

訪問看護のメリットとしては、重度の病気や障害をおってしまうと、病院に行くことも困難を要すため、自宅に訪問看護師が来てくれ、病院と同様の医療サービスを提供してくれます。例えば、褥瘡の処置や点滴や注射や吸引などの医療処置、人工呼吸器などの医療機器の管理から日常生活の入浴介助、トイレ介助など様々な支援をしてくれます。その他のメリットとしては、主治医の先生や医療機関と連携をとってくれ、緊急時の対応もしてく...

看護師は、看護学校や看護大学を卒業して看護師の国家資格を得てなることが出来ます。この看護資格は更新の必要がなく、一度取得すると、ずっと保持することが出来ます。その資格を持っていると、病院やクリニック、診療所などで働くことが可能です。時には訪問看護ステーションや介護施設でも働くことが出来ます。看護師という資格があれば、ほかに特別な免許がなくても働くことが出来るのです。訪問看護師もそうです。特に試験が...

訪問看護師に憧れている方も多いでしょう。訪問看護師の仕事を長く続けたいと思っている人も多いでしょう。そういう人に認定訪問看護師を目指すことをおすすめします。なお厳密には訪問看護認定看護師です。看護師の資格を持っていれば、訪問看護師にはなることができます。病院に勤務したことがあるか、ないかに関わらず、看護師の資格を持っていればその仕事をすること自体は難しくないでしょう。ですが、仕事を続けていく中で、...

私が勤務している訪問看護事業所での移動手段はもっぱら車です。方向音痴で車の運転も下手くそな私には1人で利用者様のお宅に向かう事が既に難しい事でした。お店だったら途中に目印や看板があるのですけど個人のお宅ではそれも無くて。最初の頃は、同行で教えて貰った家は、仕事が終わってからメモ帳に簡単な地図を描いて自分の車でもう一度行ってみたりしていました。やっと慣れたと思ったら、今度はいきなり道路工事が始まって...

私の住む地方は雨や冬の雪が多い為、訪問看護の移動手段は車が大半です。元々、車の運転が苦手な私にとって、道路状況がぐっと悪くなる冬は、一番緊張する季節でもあります。翌朝までに積雪が多く予想される時には、気が気じゃありませんでした。朝起きたらすぐに積雪状況を確認しに出たものです。遠方から来るスタッフの中には、遅刻ギリギリになる人も珍しくありませんでしたから、取り敢えず、間に合ったスタッフだけでやれる事...

精神科の個人病院を辞めた後は、さすがに自分の転職の多さに落ち込みました。何故なら、ここで既に4回辞職した事になるからです。これまで人間関係のつまづきが多かったので、これからの就職先でまた同じ事にならないかとの不安も正直ありました。けれども、時給の低い職場に勤めで蓄えも若干心細くなってきましたし、精神科病院に勤めた事で臨床に戻る自信が持てるようになって、そろそろ正職員で勤めてみようかな?と思えるよう...