男性看護師のメリット、デメリット

MENU

男性看護師のメリット、デメリット

看護師の世界は長く女性の世界であったと言えます。現在でもその傾向は根強く、若干増加傾向にあるとは言っても9割以上は女性の看護師となっているのが現状です。

 

例外的に男性看護師が多い職場としては介護領域など男性の力が非常に役立つ分野であったり、単科の精神病院等男性の力が必要になる場合がある特殊な環境の病院等に限定されていると言えます。この様な職場は男性であるということがメリットとして大きく機能する場所であると言えるでしょう。介護の現場では力仕事が非常に多いですし、精神科病院では暴れる患者の安全確保のために腕力が必要になるケースもあるのです。

 

しかし大半の医療の現場では男性看護師はメリットよりもデメリットが前面に出てしまうという状況にあります。身体のお世話と言う業務の性質上、女性の看護師であれば問題にならないことが男性看護師が行うと言うだけで問題視されるケースがあるのです。
この様な環境があるため、看護師の世界では男性であるということがそれだけで問題になる。
デメリットが大きく出てしまうものであると言えるでしょう。そのため男性看護師は女性とは異なる役回りで活躍する機会が増えて行くと考えられています。

 

どのような職種でも役割分担がありますので、男性看護師ならではの活躍の仕方をすることでそのメリットを活かしていくというのが今後の活躍の仕方になって行くでしょう。女性が男性の職場に進出して言っている様に、男性も女性の職場とされていた看護師の世界に進出する傾向があるのです。

関連ページ

男性看護師の給料
男性看護師、女性看護師で給料の差が出る事はほとんどありません。男性看護師が活躍できる職場なら給料も優遇されることも有ります。
精神科看護師募集【男性】
男性看護師が働きやすく求人募集が多いのが精神科の看護師募集です。男性の割合が多く働きやすい職場と言えるのではないでしょうか?
男性看護師の就職先
男性看護師の活躍出来る職場、就職先とは、女性が多い看護師業界で男性看護師が働きやすい就職先
男性看護師の割合
女性の職場と言うイメージが多い看護師の職場ですが、男性看護師の増加も最近見られます。男性看護師の割合と今後の見通し
男性看護師の需要
男性看護師の需要、増加傾向にある男性看護師の活躍できる職場や求められる科目などを紹介